「ワダツミの木」など、その歌唱で多くの人々を魅了する歌手の元ちとせさん。元ちとせさんの若い頃,昔~今現在までの経歴や、結婚,夫,子供について、元ちとせさんの歌い方や奄美シマ唄についてなど、気になったので調べてみました。

元ちとせさんのプロフィール

名前:元ちとせ(はじめ ちとせ)
出身地:鹿児島県大島郡瀬戸内町
生年月日:1979年1月5日
年齢:42歳(執筆時)
職業:歌手、唄者(奄美民謡歌手)
所属:アリオラジャパン・オフィスオーガスタ

経歴

元ちとせさんは、1979年1月5日、鹿児島県奄美大島に生まれます。

通っていた小学校は全校生徒4人で、全員親戚。

一人で入学式、一人で卒業式、水泳の授業は近くの川で行っていたそうです。

そんな環境で育ち、母親の薦めで三味線を習い始めます。

小学生のときに、ひぎゃ唄と呼ばれる島唄を習い始めます。



奄美大島で歌い継がれている民謡は通称「シマ唄」といい、シマ唄を歌う人は唄者『ウタシャ』と呼ばれています。

奄美大島の南部地域の宇検村や瀬戸内町で歌い継がれるシマ唄(民謡)を『ヒギャ唄』といい、北部地域の唄(カサン唄)と比べると、抑揚などに違いがあるそうです。



1993年、中学3年生のとき、奄美民謡大賞・少年の部優秀賞を受賞。

1994年、鹿児島県立古仁屋(こにや)高等学校1年在学時に、奄美民謡大賞・青年の部新人賞を受賞。

1995年、奄美市のセントラル楽器からシマ唄のカセットテープ『ひぎゃ女童(めらべ)』を発売。

元ちとせさんが唄う『朝花節』が、映画『男はつらいよ 寅次郎紅の花』(1995年)の劇中歌に使われています。


1996年、高校3年生のとき、「奄美民謡大賞」の「民謡大賞」を、史上最年少で受賞します。

高校卒業後は、美容師を目指して三重県に転居、その後兵庫県尼崎市で美容師となりますが、薬剤アレルギーのため断念します。


1998年10月、歌手デビューを目指し上京。

HMV数寄屋橋店でアルバイトをしながら、自分の音楽を模索する日々を送ります。



2001年3月に、The Sugarcubes、山崎まさよしらの曲をカバーしたミニアルバム『Hajime Chitose』をリリースしインディーズデビューします。

同年7月にはオリジナル5曲を収録したミニアルバム『コトノハ』をインディーズATSUGUA RECORDSよりリリース、高い評価を得ます。



2002年2月、メジャーデビューシングル『ワダツミの木』がリリース後2ヶ月を経て、シングルチャートで1位を記録。

ノンタイアップでしたが、社会現象的な大ヒット曲となります。

2002年度の新人歌手では最大のヒット曲となりました。


同曲の作詞・作曲を、シンガーソングライター・作曲家・音楽プロデューサーの上田現(うえだ げん)さんが手掛けています。

上田現さんは後に自身のソロアルバムにて同曲のセルフカバーをしています。



同年7月リリースのファーストアルバム『ハイヌミカゼ』は、2週連続1位となりロングセラーを記録。

第44回日本レコード大賞・ベストアルバム賞を受賞。

2002年10月から放送されたNHK連続テレビ小説「まんてん」の主題歌『この街』を歌唱します。


2003年9月、セカンドアルバム『ノマド・ソウル』を発表。

アルバムチャートで初登場1位となります。

ファーストアルバムに続いてアルバム2作連続初登場1位の快挙を達成。



2004年より、結婚・出産のため約1年半の休養期間に入ります。


2005年8月6日放送の「筑紫哲也 NEWS23」にて活動を再開。


広島市の原爆ドーム前で反戦歌「死んだ女の子」を坂本龍一とパフォーマンスし、大きな話題となります。


同年11月に、復帰第一弾シングル『語り継ぐこと』を発表。



2006年8月、フジテレビ系アニメ『ミヨリの森』で、一本桜の精として声優に初挑戦します。


アニメ『ミヨリの森』は、小田ひで次氏による漫画を原作とした作品です。

2007年8月にフジテレビ系で放送されました。

スタジオジブリ作品などの美術監督を務めた山本二三氏の初監督作品です。

キャストは、主演に俳優の蒼井優さん、そのほか市原悦子さんやフジテレビアナウンサーらが声優として参加したことも話題となりました。



2007年には、デビュー5周年を迎え、アイルランドの国民的バンド「チーフタンズ」とのコラボレーションが実現します。

6月には彼らの全国ツアーに参加し、大きな話題となります。


The Chieftains(ザ・チーフタンズ)は、1962年に結成されたアイルランドのバンドで、結成当時は見向きもされなかった伝統音楽を、現代的なアレンジを施し、徐々に知名度を広げ、人気を獲得していきます。

グラニー賞やアカデミー賞を受賞するなど、国民的バンドとして活躍しています。


ロック、ポップス、クラシック、世界の民族音楽、映画音楽などあらゆるジャンルの共演者を迎え、アイルランドの伝統音楽との融合を行っています。

1991年に初来日、これまでに、元ちとせさんのほか、矢野顕子さんや忌野清志郎さん、新日本フィルなどのゲストを迎えて公演を行っています。

2017年には、11回目の来日で、全国9公演を行います。




2009年10月、出産のため休養にはいり、12月に第二子を出産。

2010年2月、ライブ活動を再開。

戦後70年となる2015年7月、平和への思いを込めたアルバム『平和元年』をリリース。

同年の第57回日本レコード大賞『企画賞』を受賞します。



2011年、奄美大島出身の中孝介さんとのユニット「お中元」を発足。

3月9日に同ユニットにて、九州新幹線(鹿児島ルート)全線開業のイメージソング「春の行人」を発表。


2012年11月から、奄美市のあまみエフエムでレギュラー担当番組『Do you know me?』が開始します。


近年は、奄美大島に生活の拠点を置きながら、ライブなどの活動を行っています。

次ページ:元ちとせさんの歌い方や奄美シマ唄、三線についても!