80年代後半から、日本のポップスをリードしてきた大江千里さん、現在はジャズピアニストとしてニューヨークを拠点に活動されています。どんな経歴をお持ちなのか,結婚,嫁や本名,名前の由来,父親,家族,「Rain(レイン)」,留学についてなど、気になったので調べてみました。

大江千里さんのプロフィール

名前:大江千里(おおえ せんり)
本名:大江千里
出身地:大阪府藤井寺市
生年月日:1960年9月6日
年齢:59歳(執筆時)

学歴:関西学院大学経済学部卒業、ニューススクール大学卒業
職業:シンガーソングライター、ピアニスト、俳優
所属:ソニー・ミュージックパブリッシング

経歴

1960年9月6日、大阪府南河内郡美陵町(現・藤井寺市)で生まれます。

1963年、3歳のときからクラシックピアノを習い始めます。

1970年、小学4年生のときに聴いたギルバート・オサリバンの「アローン・アゲイン」をきっかけに、ポップ・ミュージックに開眼。

1980年、関西学院大学経済学部へ入学、軽音楽部にに入部します。

「トニオ・クレイガー」というアマチュアバンドを率いて、自作曲の演奏のほか、神戸や芦屋などのライブハウスにも出演します。

1981年秋、大学2回生在学中に、CBSソニー(後のソニー・ミュージックエンタテインメント)からスカウトされ、その後、SDオーディションで最優秀アーティスト賞を獲得。

大学生活や音楽の勉強のため、すぐにデビューはせず、ボーカルスクールでレッスンを受けます。

1983年にシンガーソングライターとしてデビュー。

1983年5月21日、シングル「ワラビーぬぎすてて」、アルバム「WAKU WAKU」でデビュー。

1984年11月、味覚糖(後のUHA味覚糖)「DATE KISS」のCM曲「十人十色」がヒットし、出世作となります。

このCMは、初出演CMとなります。

1987年、フジテレビ系ドラマ「君が嘘をついた」に出演。

1997年4月から2001年4月まで、NHK「トップランナー」の司会を4年務めるなど、俳優・司会者としても活躍します。

1991年9月、TBSドラマ「結婚したい男たち」の主題歌・23作目のシングル「格好悪いふられ方」がオリコンチャート2位を獲得し、大ヒットとなります。

他にも「あいたい」「ありがとう」などのシングル曲がヒット。

恋愛模様をポップに歌った楽曲は、若い女性を中心に支持され、80年代から90年代にかけてヒット曲を量産します。

作詞・作曲・編曲家としても、松田聖子さん、光GENJI、渡辺美里さん、などのアーティストに多くの楽曲を提供、プロデュースも手掛けます。

テレビ番組の司会、ラジオのパーソナリティー、エッセイ執筆など、幅広い分野で活躍します。

2007年12月22日、ニューヨークでジャズを学ぶため、日本国内での音楽活動を長期休業すると、自身のブログで発表。

ジャズへの転向を考えるようになったのは、創作活動への苦悩があったと、後に話しています。

「デビュー以来、ラブソングが年々書けなくなっていった」といいます。

ジャズは10代から憧れていたといい、シンガーソングライター時代にも、インタビューなどで、「本当はジャズピアニストになりたかった」という旨の発言をしており、デビューから24年の歳月を経ての夢の実現となりました。

2008年、47歳のときに、日本国内での自身の音楽活動を休業し、ニューヨークに留学します。

その後も楽曲提供など、アーティストとしての活動は継続しています。

2012年5月、4年間通ったニューヨークのジャズの学校を卒業。

卒業と共に、自身のレーベルを設立します。

2012年7月、デビューアルバム「Boys Mature Slow」を発売、ジャズピアニストとしてデビューします。

2018年、デビュー35周年の記念盤として、アルバム「Boys & Girls」をリリース。

かつてのヒット曲をピアノソロでセルフカバーしました。

2019年9月、ジャズピアニストとして通算6作目のアルバム「Hmmm」をリリース。

現在はニューヨークを拠点に、米国各地、南米、欧州でライブを行いながら、アーティストへの楽曲提供やプロデュース、執筆活動など、幅広い分野で活躍されています。

ライブ中止・留学

大江千里さんは、ジャズ大学に合格したことを、当時のマネージャーに伝えたところ、留められるんじゃないかと思っていましたが、「いいじゃないですか、その方向で話を進めましょう」と、背中を押されます。

クリスマスコンサートのロングランなど、年末まで予定の入っていたスケジュールを気にして、留学を躊躇していた大江千里さんに、「そっちはキャンセルの方向で話しますから、心配いりません」と背中を押してくれたそうです。

ジャズ大学のプロデューサーからは、”47歳でオリンピックで金メダルを目指すようなことはまず不可能。”と言われますが、「そんなことはない」と答えます。

しかし、その後のピアノの実技試験で、自分のレベルが上ではないということを思い知ったといいます。

大江千里さんは、ポップスの世界が完成されていて、ジャズのリズムを獲得することがとても難しかったのだそうです。

留学してから2年ほどは、仲間もいなく、辛い時期が続いていたそうです。

ある日、いつも通り演奏していたら、そこへ来た配達員が体を揺らし始め、自分の演奏にのってくれたときがあり、そのとき、”これはいけるんじゃないか、諦めちゃいけないんだ”と、すごく嬉しかったと話しています。

”もっと早く始めたらよかったということは思わなくて、諦めなければ何歳からでも始められる”と思ったといいます。

次ページ:大江千里さんの結婚・嫁や本名・名前の由来&父親、「Rain」について!