”ガキの使い”とは?

高橋惠子さんは、”ガキの使い”、”ガキ使”と多く検索されています。

調べてみたところ、2011年のガキの使いに高橋惠子さんが出演して話題となっていたみたいです。

2011年の『絶対に笑ってはいけない空港24時』にて、当時女王様キャラでヒットしていた”にしおかすみこ”さんに扮した高橋惠子さんが登場し、その振り切った演技が大きな話題となったようです。

お笑いタレントのにしおかすみこさんは、2007年にSMの女王様キャラで漫談をするというネタでブレイク。

「エンタの神様」や「爆笑レッドカーペット」などのお笑い番組で活躍しました。

2010年には落語家の春風亭小朝に入門、「R-1グランプリ2010」で落語ネタで準決勝まで進出しました。

現在

高橋惠子さんは、2020年1月、中山美穂さん主演のWOWOW連続ドラマ「彼らを見ればわかること」に、新倉竜子役で出演。

2020年12月は、椎名桔平さん主演の舞台「オリエント急行殺人事件」に出演しています。



高橋惠子さんは、2019年の秋、約30年間暮らした家を手放そうと決めたそうです。

一時期は、80代の実母と、夫、娘とその夫や孫たち4世代で同居。

人間9人、犬3匹、猫11匹、カメ1匹の大所帯となったこともあったそうです。

6年前の2015年頃、母が亡くなり、息子や娘一家も独立し、夫婦二人で暮らすには広すぎると、一旦、その家からコンパクトなマンションへ引っ越します。

2021年の春、もとの家に夫と共に戻って、シンプルな生活を心がけながら過ごしていると、インタビューにて話していました。



高橋惠子さんは、2020年からは週2回、フランス語学校に通い始めたそうです。

10代の頃、フランス語の勉強をしたかったが仕事が忙しく挫折してしまい、そのときの夢を叶えたいのだそうです。

新しいことにどんどんチャレンジしていきたいと話していました。


2021年現在は、高橋惠子さんのドラマなど新たな出演情報は出ていないようですが、新しいことにチャレンジし続ける高橋惠子さん。

これからの活躍もとても楽しみです。

以上、高橋惠子さんについて、でした!