国民的ドラマ『北の国から』蛍役で知られる女優・中嶋朋子さん、ドラマ,映画,舞台のほか、朗読やナレーションなど声の仕事、エッセイなど幅広い分野で活躍しています。中嶋朋子さんの昔,若い頃~今現在の経歴、結婚,旦那,夫,子供,息子の西村成忠さんについて、愛車、趣味の空中ブランコ、病気の噂についてなど、気になったので調べてみました。

中嶋朋子さんのプロフィール

名前:中嶋朋子(なかじま ともこ)
本名:西村朋子(にしむら ともこ)
出身地:東京都
生年月日:1971年6月5日
年齢:50歳(執筆時)
身長:157cm
血液型:O型
学歴:文化学院卒業
職業:女優、ナレーター、エッセイスト
所属:砂岡事務所

経歴

2歳で子役デビュー。

1975年、劇団ひまわりに入団。

1981年から2002年までの『北の国から』で黒板蛍を演じ、兄役の吉岡秀隆さんとともに人気を博します。



10代後半では清純派の役が多かったが、20歳になると「週刊プレイボーイ」誌上でのグラビアや、映画『あさってDANCE』(1991年公開)、カルピスのCMなど、セクシー路線に転向した時期もありました。




1998年、6歳年上のヘアメークアーティスト・西村俊範さんと入籍(入籍時には妊娠7カ月で、同年6月に男児を出産)。


40代になってからは舞台劇出演のほかに、TBSラジオ『ラジオシアター〜文学の扉』などの朗読活動をメインワークとしているほか、「にじいろジーン」などバラエティー番組への出演をするなど、幅広いジャンルで活躍しています。

北の国から・吉岡秀隆

中嶋朋子さんは、1975年に劇団ひまわりに入団。

1981年から放送された倉本聰原作・脚本のドラマ『北の国から』(フジテレビ系)シリーズ、蛍役を演じます。

蛍役を決めるオーディションでは、他の子どもたちが自由にスタジオで遊んでいるのに対して、中嶋朋子さんは一人だけ台車で遊んでいたそうです。

その様子を見ていた倉本聰さんが、『あの子がいい』と決定したというエピソードがあるそうです。


国民的テレビドラマとなった『北の国から』で、10歳から31歳までの22年間、蛍役を務め、中嶋朋子さんにとっても代表作となりました。



2015年に、バラエティ番組に出演した際に、年に一回は出演者が集まって食事会をしていることを明かしています。

食事会には田中邦衛さんや吉岡秀隆さんらが参加していたそうです。

次ページ:中嶋朋子さんの結婚,夫,息子・西村成忠さんについて&愛車についても!