”スパーク3人娘”など1960年代から1970年代にかけて一世を風靡した歌手・伊東ゆかりさん、現在も現役歌手として音楽番組への出演やコンサート活動のほか、女優としても活躍されています。伊東ゆかりさんの昔・若い頃から今現在までの経歴,父,結婚,夫や歌手である娘・宙美(ひろみ)さんについて,”野球選手”という検索ワードについてなど、気になったので調べてみました。

伊東ゆかりさんのプロフィール

名前:伊東ゆかり(いとう ゆかり)
本名:伊東信子
出身地:東京都品川区
生年月日:1947年4月6日
年齢:73歳(執筆時)
血液型:AB型
学歴:関東学園女子高等学校(現・関東国際高等学校)卒業
職業:歌手・女優
所属:株式会社ビバリーメディアアイランド

趣味:テニス、スキー、水中エクササイズ

経歴

幼少期から、ベース奏者であった父・伊東謙吉さんの影響で、進駐軍キャンプで歌い始め、1958年6月、11歳のとき、「かたみの十字架/クワイ河マーチ(映画「戦場に架ける橋」テーマソング)」で本格デビューします。

その後、一時芸能活動を休止後、渡辺プロダクションに移籍し活動を再開。

当時、渡辺プロダクションに所属していた中尾ミエさん、園まりさんと三人で、”スパーク3人娘”を結成します。

「シャボン玉ホリデー」(1961年~1977年まで日本テレビで放送されていた音楽バラエティ番組)や「歌え!一億」(1965年10月~12月までフジテレビ系列で放送されていた歌謡バラエティ番組)に出演、知名度を全国区にします。

1967年にリリースした「小指の想い出」は爆発的なヒットとなり、その後も長く歌い継がれています。

その後も、「恋のしずく」「朝の口づけ」「知らなかったの」が立て続けにヒット曲となります。

1969年、映画「愛するあした」に主演。

人気絶頂の伊東ゆかりさんの映画初出演作。

松原智恵子さんとともに女子大学生を演じた青春歌謡映画です。

同年、第20回NHK紅白歌合戦の紅組司会を務めます。

1970年、シングル「結婚」を最後に、渡辺プロダクションから独立します。

1971年、「誰も知らない」がヒットしますが、大手プロダクションからの独立後の厳しさや、”スパーク3人娘”の自然解散、後輩歌手の台頭などがあり、一時的に低迷します。

しかし、1977年から1981年までメイン司会を務めたTBSの音楽番組「サウンドイン”S”」が一つの転機となり、”大人の歌手”として再評価されるようになります。

同番組は、フジテレビの「ミュージックフェア」に対抗した大人の音楽番組で、ジャズやアメリカンポップスの選曲が多く、伊東ゆかりさんが得意とした洋楽を中心とした構成で、自らもゲストとデュエットするという番組だったそうです。

2005年には、解散から40年ぶりに、スパーク3人娘が再結成し、コンサートを開催し話題となりました。

2012年には、”3人娘”結成50周年を祝って、”日本をもっと元気に”を合言葉に全国ツアーを開催します。

2013年4月には、歌手生活60周年を迎え、コンサートを開催。

同時に、歌手生活60周年記念アルバム「メモリーズ・オブ・ミー」をリリースします。

女優としても、NHK連続テレビ小説などのテレビドラマや映画に出演し、幅広い分野で活躍されています。

次ページ:伊東ゆかりさんの結婚や夫は?&娘・宙美さんや”野球選手”という検索ワード、現在についても!