「ソロモンの偽証」「コウノドリ」「アンナチュラル」などのドラマやバラエティ番組「テラスハウス:テラハ」にも出演し,幅広い分野で活躍されている俳優・望月歩さん、2020年3月30日からスタートの朝ドラ「エール」の出演が発表され話題となっています。そんな望月歩さん,どんな経歴をお持ちなのか,本名や出身地,兄弟や大学など進学について,劇団ひとりさんに似ていることや,朝ドラ「エール」についてなど、気になったので調べてみました。

望月歩さんのプロフィール

名前:望月歩(もちづき あゆむ)
出身地:非公表
生年月日:2000年9月28日
年齢:19歳(執筆時)
身長:179cm
血液型:A型
所属:ヒラタオフィス

趣味&特技:散歩、湯船に浸かること、ラーメン屋巡り
好きな科目:美術、音楽、体育、数学

経歴

2014年、宮部みゆきさん原作の映画『ソロモンの偽証』にて中学生・柏木卓也役に抜擢され、俳優デビュー。

映画「ソロモンの偽証」の、同級生からのいじめで心に傷を負い、謎の転落死を遂げた柏木卓也役を演じて、その演技が一躍注目を集めます。

2015年4月「マザーゲーム~彼女たちの階級~」で、引きこもりの中学生・小田寺彬役

2015年11月、TBSドラマ「コウノドリ」第5話では、中学2年男子生徒・元倉亮役、

2017年4月、日本テレビ「母になる」、田中今偉役

2018年2月、TBSドラマ「アンナチュラル」第7話、高校1年男子生徒・白井一馬役。

殺人者Sを名乗り、殺人実況生中継としてライブ配信すると同時に、主人公へ死因を問いただす高校生・白井を演じ話題を呼びました。

2019年1月、日本テレビ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」、陸上部のスプリンター・瀬尾雄大役

2019年7月、『五億円のじんせい』にて、高月望来役で映画初主演。

幼い頃に、善意の募金の五億円により心臓手術に成功し、命を救われた17歳の少年、高月望来(みらい)くんが、自分の人生を見つめて成長していく姿を演じました。

初日の舞台挨拶では、「主役という場に立ちたくて頑張ってきました」と強い意気込みをコメントしています。

舞台は、2016年、堤幸彦監督・中村勘九郎さん主演による『真田十勇士』(さなだじゅうゆうし)で 、真田大助 役を演じます。

バラエティ番組では、14歳のとき、TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY(2015年9月 – 2016年1月、Netflix)のスタジオメンバーとなり、かわいい!という声が多数上がるなど話題となりました。

2020年も、ドラマに多数出演しています。

コタキ兄弟と四苦八苦 第3話(2020年1月24日、テレビ東京)、レンタル兄弟親父たちに恋愛相談をする男子大学生・坂井栄太 役

鈍色の箱の中で(2020年2月8~テレビ朝日)- 庄司悟 役

同じマンションに住む幼なじみの高校生たちが繰り広げる、切なく危険な偏愛ラブストーリーです。

岡田結実さん主演の「女子高生の無駄づかい」 第4話(2020年2月14日、テレビ朝日系) 高橋(仮)役

感情が死滅しているJK・ロボ(中村ゆりか)にひそかに思いを寄せる残念な男子高校生を演じています。

ウェブ配信のドラマでは、いくえみ綾さんの漫画を岡田健史さん主演でドラマ化した「いとしのニーナ」では、押川正行(マサ)役を務めています。

次ページ:望月歩さんの本名や兄弟,出身地は?&進学について!