堀ちえみさんの3番目の旦那は尼子勝紀さん?

2010年6月の加藤芳樹さんとの離婚の際の会見で、堀ちえみさんは

「もう結婚は考えたくない。仕事を一生懸命頑張る」

と発言しましたが、そのわずか1年後の2011年6月に公式ブログにて、

「愛する人に、出逢えました」

と、一般男性との熱愛を告白。

この一般男性の詳細については非公表ですが、堀ちえみさんのブログでは名字「尼子」と公表しており、また、大手パチンコメーカーの営業をなさっているといった情報から、尼子勝紀さんという方なのではないかと言われているみたいですね。

尼子勝紀さんはSANKYOの執行役員をなさっているそうで、非常に優秀な方のようですね。

なお、堀ちえみさんのブログによると、夫は戦国大名・尼子経久の末裔に当たる血筋で、祖先のことを篤く敬っているのだとか。

発祥の地である出雲(島根県)では、5年に1度、尼子一族会という行事が催され、尼子氏の末裔や関係者が一同に会するそうです。

尼子氏はかなり有名な戦国大名ですので、そこに名を連ねるのはとても誇らしいことでしょうね。

2人の出会いは離婚からわずか3ヶ月後の2010年9月のこと。

自宅近くで、堀ちえみさんのファンと称する男性に「逢えて嬉しい、光栄です」と話しかけられ、男性は近所に住んでいることを告げて去って行ったのだとか。

その時はそれきりでしたが、2011年1月に偶然同じ便に乗っていた男性と羽田空港で再会。

この時に堀ちえみさんは男性に「素敵な紳士」という印象を持ったといいます。

また、互いに2度の離婚歴があり、男性には連れ子もいるなど共通点も多く、親近感を持つようになり、どんどん惹かれていったみたいですね。

それでも、連絡先を交換しておらず、再会を望んではいたものの、諦めかけていたのだとか。

ところが4月になって、東京の街中で偶然の再会。

「その日に、マネージャーと3人で、お食事に行き、お付き合いが始まりました」

と振り返っています。

男性との生活について堀ちえみさんは、

「いっしょにいると、二人とも、笑ってばかりです」

「とにかく私を大切にしてくれます。ケンカも言い争いもありません。プラス思考も、仕事や人を大切にする気持ちも、人生に対する美学も、よく似ています」

としており、本当にぴったりのお相手のようですね。

2011年12月に結婚、東京・明治神宮で挙式し、堀ちえみさんは自身の5人の子供と、男性の2人の連れ子の合わせて7人の母となりました。

堀ちえみさんの7人の子供たちの名前、学校、現在に続きます。