結婚・旦那・子供は?

夏川りみさんの夫は、パーカッション奏者 TUBEのサポート・メンバーとして知られる玉木正昭(たまき まさあき)さんです。


玉木正昭さんは、1967年6月7日生まれ、東京都出身の現在53歳です。

幼少のころから兄の影響で、オルガン・マリンバ教室に通い、12歳の頃初めてドラムセットを叩き、打楽器に興味を持ち始めます。

高校を卒業後、パーカショニスト・山口とも氏と出会い、一番弟子となりアシスタントをする傍ら、1987年、早見優のパーカショニストでツアーメンバーとなりプロ活動を始めます。

以後、多くのアーティストのライブツアー、レコーディングなどに参加しています。


夏川りみさんは、2010年8月20日、第一子となる男児を出産。

2019年6月のラジオ出演の際、息子が小学校3年生になって、ロックバンドのKISSやマイケル・ジャクソンが好きだということを話しています。

ドラムが好きで、KISSはドラムを叩いていて、マイケル・ジャクソンの曲で踊って、動画を見て自分なりに研究しているみたい、と息子の様子を話していました。

「いつの日か親子でセッションできたら楽しいだろうなって思います」と話していました。



2021年3月、徹子の部屋に、夫婦で出演しています。


結婚12年目で、トーク初共演だったそうです。

夫との出会いは、夏川りみさんのライブのサポート・メンバー、ドラムを担当していたときだったそうです。

結婚式は石垣島で行ったそうです。

はじめのプロポーズは、旦那さまからメールで結婚しようと送られてきて、夏川りみさんがすぐに”いいよ”と返信したそうです。

その後、玉木正昭さんが改めて結婚の申込みをしたそうです。

ツアーの途中で、石垣島の夏川りみさんの実家に結婚のあいさつにいき、その後、島中の人たちからお祝いのあいさつがあり、夏川りみさんの母が経営するスナックにみんなが集まり、お祝いの宴があったそうです。


黒柳徹子さんに、夫婦円満の秘訣を聞かれ、夏川りみさんは、夫の玉木正昭さんがやさしいこと、家事などをすべてやってくれることを感謝していました。

玉木正昭さん自身は、一人暮らしが長かったことと、料理が好きなので家事は苦にならないことを話していました。

息子は10歳で4年生。名前は、”音来(にらい)”というそうです。

ギターやドラムをやっていて、将来はドラマーになりたいといっているそうです。

現在

夏川りみさんは、2019年5月21日にデビュー20周年を迎えています。

2021年3月3日には、8曲入りカバーアルバム『あかり』をリリースしています。

カバーアルバムとしては、2010年に発売した「歌さがし~アジアの風~」以来11年ぶりとのことです。

今回のアルバムは、「家族」を軸にした作品で、親から子、子から親、これから家族になる君へ、そして家族との別れなど、それぞれの人生にスポットを当てて、夏川りみさんが表現しています。

タイトルの「あかり」は、ひとつ屋根の下に集う家族を照らす明かりであるのと同時に、こういった状況下の中でも、歌で気持ちを温め、寄り添うことができればという想いも込められ名付けられました。

”うたのうた”では、夫の玉木正昭さんがパーカッションを、息子さんがドラム演奏を担当しています。

アルバム発売とともに、コンサートツアーの開催が発表され、3月から全国の会場で開催が予定されています。

デビュー20周年を迎えて、アルバム発売やライブ公演など精力的に活動をしている夏川りみさん、将来は親子共演もみられるのでしょうか。

今後の活躍もとても楽しみです。

以上、夏川りみさんについて、でした!