”ピーター”を卒業し、休養を経て2020年4月に活動を再開した歌手,俳優の池畑慎之介さん。その若い頃~今現在の経歴や、結婚や熱愛、自宅,家や新居について、生島企画室や現在の活動など、気になったので調べてみました。

池畑慎之介さんのプロフィール

名前:池畑慎之介(いけはた しんのすけ)
本名:池畑慎之介(いけはた しんのすけ)
別名義:ピーター
出身地:大阪府大阪市中央区宗右衛門町
生年月日:1952年8月8日
年齢:68歳(執筆時)
身長:166cm
血液型:A型
職業:歌手、俳優、タレント
所属:生島企画室

家族:姉が一人

経歴

池畑慎之介さんは、1952年8月8日、大阪府で生まれます。

上方舞吉村流四世家元で、人間国宝にもなった吉村雄輝(よしむら ゆうき)を父に持ち、3歳で初舞台を踏むなど、幼少時代は、お家芸の後継ぎとして、厳しい指導を受けます。

高校1年のときに、家出をして上京。

作家・水上勉さんのパーティーでスカウトされ、1969年、映画『薔薇の葬列』で俳優デビューします。

さらにこの年、「夜と朝のあいだに」で歌手デビューし、大ヒットを記録。

第11回日本レコード大賞・最優秀新人賞を受賞するなど、一躍アイドルスターとなりました。


1985年には、黒澤明監督の『乱』で、狂言師役を演じ、俳優としても高い評価を受けています。

以降、映画やドラマ、舞台、バラエティ番組など、幅広いジャンルで大活躍。


2018年5月、同年いっぱいで「ピーター」の名前を卒業し、本名の「池畑慎之介」で統一することを発表します。

芸能生活50周年を機に、2019年1月から2020年3月まで、休養していましたが、新たな事務所・生島企画室に所属となり、芸能活動を再開。

2021年3月27日からは、シンフォニー音楽劇「蜜蜂と遠雷」にも出演します。

結婚は?

池畑慎之介さんは、結婚しているのか、過去に熱愛報道などあるのか調べてみました。

池畑慎之介さんはずっと独身でいるそうですが、若い頃には、仁科亜季子さんとの交際報道があったようです。

池畑慎之介さんは、女優の仁科亜季子さんとは幼なじみで、結婚しようと思っていた相手だと話しています。


仁科亜季子(にしな あきこ)さんは、1953年4月3日生まれ、現在67歳。

東京都出身。

父は歌舞伎俳優、母は元女優という芸能一家に生まれます。

1972年、19歳のとき、テレビドラマ「白鳥の歌なんか聞こえない」(NHK銀河ドラマ)で俳優デビュー。

お嬢様女優として高い人気を得ます。

1979年には、俳優・松方弘樹さんと結婚し、芸能活動を休止。

子宮頸がんの闘病経験や離婚を経て、1999年芸能界に復帰します。

近年では、女優業に加え、バラエティ出演や自身の経験を基にがん治療に関する講演を行うなど、幅広い活動を行っています。



仁科亜季子さんがデビュー前に、幼なじみである池畑慎之介さんと交際をしていて、結婚も考える間柄でしたが、池畑慎之介さんの反対を押し切ってデビューしたため、別れることになったそうです。

二人は、池畑慎之介さんの母親と、仁科亜季子さんの父親が知り合いだったため、デビュー前から交流があったそうです。

あるとき、過労でダウンした池畑慎之介さんの病室を仁科亜季子さんが訪ねて、日々付き添い、交際に発展したのだそうです。

池畑慎之介さんと仁科亜季子さんは、お互いを”初恋の人”であると、振り返っています。

池畑慎之介さんは、仁科亜季子さんとは、今では仲良く友達としてご飯を一緒に食べたりする間柄だと話しています。

次ページ:池畑慎之介さんの自宅・新居・住所は?&生島企画室や現在の活動についても!