「相棒」など多くのドラマ,映画に出演、「旅猿」のナレーションでも活躍している女優・奥貫薫さん。年齢を重ねても変わらずきれいな奥貫薫さんの、昔,若い頃~今現在の経歴、結婚,夫,旦那,子供、父親についてなど、気になったので調べてみました。

奥貫薫さんのプロフィール

名前:奥貫薫(おくぬき かおる)
出身地:東京都
生年月日:1970年11月22日
年齢:50歳(執筆時)
身長:157cm
血液型:A型
学歴:共立女子短期大学卒業
職業:女優、ナレーター
所属:クォータートーン

経歴

私立三輪田学園中学校、東京都立板橋高等学校、共立女子短期大学を卒業。

父は滋賀県立大学名誉教授の奥貫隆さん。

奥田かおる名義で、1986年の「ヤングジャンプグランプリ」を受賞しています。

奥貫薫さんは、「アミューズ10ムービーズオーディション」に合格し、芸能界入りします。

1988年に9人組の女性アイドルグループ「エンジェルス」の一員、”奥ちん”としてデビュー。

「エンジェルス」は、アミューズ所属の9人組のヴォーカルグループで、TBS深夜のバラエティ番組からデビュー。

同番組内で、1960年代のポップスやオールディーズナンバーを歌っていました。

1990年前半は、ライブハウス中心に、オールディーズや洋楽メインの歌で活躍します。

1989年、KDD(現KDDI)のCMで注目されます。

その後は、芸能活動を控える時期がありましたが、「はなきんデータランド」の1コーナーを担当し、1996年のクロレッツのCMで再び注目を集めます。

1997年には、映画「ラヂオの時間」に出演して演技力でも知られるようになります。

2000年7月10日、35歳のとき、「月刊奥貫薫」を発表。

「月刊」シリーズは、新潮社発行のグラビア雑誌で、毎月異なる女性タレントのグラビア写真とインタビューが掲載されていて、「月刊〇〇」(〇〇はタレント名)というタイトルで発売されていました。

永作博美さんや篠原涼子さんなど、多くの女優・タレントが発表しています。

過去には、アミューズ→オズエンタテインメント→テンカラット→ユマニテに所属していました。

「相棒」(テレビ朝日)のseason4(2005年)、season5(2006年)に、精神科医・犯罪心理学者の内田美咲(うちだ みさき)役で出演します。

2010年、NHKの大河ドラマ「龍馬伝」で、大森南朋さん演じる武市半平太の妻役を好演。

数多くのドラマ、映画に出演する一方、幅広い番組のナレーションでも活躍しています。

2020年6月には、自身がナレーションを務める旅番組「東野・岡村の旅猿 プライベートでごめんなさい…」(日本テレビ)にゲスト出演しています。

通称「旅猿」は、東野幸治さんと岡村隆史さんの冠番組であり、2010年から現在まで続いている人気番組です。

奥貫薫さんは、2010年のシーズン1からナレーションを担当しています。

プライベートでは、映画「実録・連合赤軍 あさま山荘への道程」で共演した小木戸利光さんと、2009年3月に結婚します。

2011年5月29日に男児を出産しています。

父親は?

奥貫薫さんのお父様は、滋賀県立大学名誉教授の奥貫隆(おくぬき たかし)さんという方だそうです。

奥貫隆さんは、景観計画、緑地計画、住宅地計画が専門分野とのこと。

滋賀県立大学に務める前は、URの前身である住宅・都市整備公団の職員でした。

奥貫薫さんは、2006年~2007年にかけて、関東で放送された都市再生機構(UR)のCMに出演しました。

奥貫薫さんは中学生くらいの頃、団地の新しい住宅が募集のために公開されると、親子で訪れたりすることが多かったそうです。

次ページ:奥貫薫さんの結婚・夫・子供は?&現在についても!