「ひとつ屋根の下」小梅役で知られる女優・大路恵美さん。「剣客商売」佐々木三冬役の人気など、ドラマ,バラエティ番組など活躍しています。大路恵美さんの若い頃~今現在の経歴や身長,年齢,学歴、実家,家族、独身の噂や結婚,子供について、河相我聞さん,福山雅治さんとの関係についてなど、気になったので調べてみました。

大路恵美さんのプロフィール

名前:大路恵美(おおじ めぐみ)
本名:同じ
出身地:兵庫県加古川市
生年月日:1975年9月27日
年齢:46歳(執筆時)
身長:158cm
血液型:B型
学歴:日出女子学園高校、亜細亜大学経営学部卒業
職業:女優
所属:株式会社TAP

特技:琴、日舞、殺陣
趣味:料理、洗濯

経歴

大路恵美さんは、1975年9月27日、兵庫県加古川市に生まれます。

5人兄弟の3番目で、きょうだいは兄、姉、妹、弟がいます。

加古川市立氷丘小学校・中学校卒業。

実家は弟妹が多く、子供の頃からよく手伝いをしていたことがきっかけで料理好きになり、中学時代は調理部の部長でした。

また、演劇部に所属し、日々、一生懸命部活動に励んでいたといいます。



1989年、養成所主催のオーディションでスカウトされ芸能界入り。

1990年、西武百貨店夏キャンペーンのCMにてデビュー。

1991年、ビクター・甲子園ポスターキャンペーンモデルに起用され注目を集めます。

1995年、沢口靖子さん主演の映画「ひめゆりの塔」に出演。

大路恵美さんは、生徒の一人・神谷トシを演じました。



1993年、17歳のとき、フジテレビ系の月9ドラマ・『ひとつ屋根の下』(野島伸司脚本)にて二女・小梅役を演じ、注目を集めます。

本作は、平均視聴率28.2%、最高視聴率37.8%を記録する大ヒットとなります。



1997年、田中美里さんがヒロインのNHK連続テレビ小説「あぐり」に出演

大路恵美さんは、池田諒子役を演じます。



2009年、映画「ふるさとをください」に映画初主演。



2021年、マネージメント事務所を、株式会社TAP(タップ)へ移籍。

株式会社TAPは、2020年1月から「株式会社オフィス北野」から社名を変更しています。



ほか代表作
剣客商売シリーズ1-3(1998,1999,2001年、フジテレビ)-佐々木三冬役

ドラマ『剣客商売』は、池波正太郎の時代小説『剣客商売』を原作をしたテレビ時代劇です。

大路恵美さんは、藤田まこと版のシリーズ1-3で、男装の女武芸者・佐々木三冬を演じました。



現在まで、主に連続ドラマ・スペシャルドラマ、『痛快TV スカッとジャパン』などバラエティ番組に出演、活躍しています。

実家・家族

大路恵美さんは、兵庫県加古川市出身です。

加古川市立氷丘(ひおか)小学校・中学校を卒業しています。


大路恵美さんは5人兄弟の3番目。

全パターンのきょうだいがいます(兄、姉、妹、弟)。


2019年3月7日のブログで、家族の思い出を綴っています。

大路恵美さんの家族は2時間ドラマが好きで、毎週放送されていた各局の2時間ドラマを見ていたそうです。

そのため、子供の頃から火曜サスペンス劇場のテーマ曲「マドンナたちのララバイ」を歌えるのだそうです。

そして『花ふぶき女スリ三姉妹シリーズ』(テレビ朝日)に出演することが夢だったといいます。

同作は、1988年から始まったテレビドラマシリーズで、「火曜スーパーワイド」「火曜ミステリー劇場」「土曜ワイド劇場」枠で放送されていました。

スリを稼業にしている三姉妹がひょんな事から事件に巻き込まれ、解決していくというストーリーです。


ブログでは、大路恵美さんの甥っ子、姪っ子など家族との交流についても綴っています。

次ページ:大路恵美さんの独身,結婚,子供は?&河相我聞さん、福山雅治さんとの関係や現在についても!