「ウルトラマンタロウ」の白鳥さおり役でデビューし、多くのドラマ,映画に出演し活躍されている朝加真由美さん、子供・娘の手塚真生さんの経歴や関係について、ドラマ「孤独のグルメ」,カルピスcm、”西城秀樹さん”や”ベンガル・西荻窪”と検索されていることについてなど、気になったので調べてみました。

朝加真由美さんのプロフィール

名前:朝加真由美(あさか まゆみ)
本名:手塚容子
出身地:北海道
生年月日:1955年9月6日
年齢:64歳(執筆時)
身長:163cm 体重:47kg
血液型:O型
出身校:函館白百合学園高等学校中退
所属:ケイファクトリー

経歴

朝加真由美さんは、1971年に「ミス・セブンティーンコンテスト」でスカウトされ、1973年、『ウルトラマンタロウ』のヒロイン・白鳥さおり役でドラマデビュー。

同年に歌手デビュー。

2002年には日本テレビ「ごくせん」で内山さゆり役、2005年にはフジテレビ「大奥」、2008年「チーム・バチスタの栄光」や2013年NHK連続テレビ小説「純と愛」など話題作に多数出演し、活躍しています。

2019年8月、長澤まさみさん主演のカルピス100周年CM「お盆編」に、長澤まさみさんの母お母さん役で出演。

小沢健二さんの名曲「ラブリー」を、UAさんが100周年ブランドCMのためにオリジナルカバーしたことも話題となりました。

娘・手塚真生さん

朝加真由美さんは、1986年に俳優の篠塚勝さんと結婚、二人の娘を出産。

2005年~2006年頃に離婚しています。

長女は、女優の手塚真生(てづか まい)さん。

手塚真生さんのプロフィール

名前:手塚真生(てづか まい)
出身地:東京都
生年月日:1990年8月10日
年齢:29歳(執筆時)
身長:165cmcm
血液型:B型
職業:女優、モデル
所属:aoao

特技:クラシックバレエ、おいしいトマトを見分ける
趣味:万年筆で手紙を書くこと、文具を愛でること、映画鑑賞、読書

【経歴】
手塚真生さんは、2009年にデビューし、ヒルクライム「春夏秋冬」などミュージックビデオやダイハツWAKEなど大手企業のCMに多数出演。
2015年には『たゆたう』など計3本の映画で主演を務めます。

2019年、4965人が参加したオーディションに勝ち抜き、テレビ朝日ドラマ『やすらぎの刻〜道』への出演が決定。

根来晴子(ねごろ はるこ)役で出演しています。

【朝加真由美さんと手塚真生さんの関係】
手塚真生さんは、朝加真由美さんが母であることをはじめは公表せずに芸能活動をしていました。

2016年7月に、「復活!オールスター家族対抗歌合戦」が放送されましたが、この番組は、1970~80年代に人気だったフジテレビ「オールスター家族対抗歌合戦」が30年ぶりに復活したものです。

芸能人家族が歌で対決する番組で、最高視聴率28.5%を記録したこともある番組です。

手塚真生さんは、この番組のアシスタントとして出演しましたが、同番組は、1973~1976年に朝加真由美さんがアシスタントを務めていました。

手塚真生さんは、この番組内で、朝加真由美さんの娘であると発表しました。

手塚真生さんはデビュー当時には発表せず、このタイミングで公表したことについて、”デビュー時に公表していたら自分がだめになると思ったから”、と答えています。

このタイミングで発表したのは、隠すことにも限界があり、変なこだわりもなくなったからだそうです。

手塚真生さんは、10代の頃、母に反発して家を出ていましたが、最近になって一緒に暮らすようになったといいます。

手塚真生さんは、朝加真由美さんが離婚後、仕事に忙しい母の分まで、幼い妹さんの世話を一手に引き受けていました。

しかし、16歳のとき、「どうしてこんなことばっかりやっているんだろう?遊びたい!」という思いが爆発し、髪を金髪にしたり、猛烈な反抗をしたのち、家出。

友人や別れた父親の家を転々とした後、17歳で一人暮らしをはじめます。結局10年間一人暮らしをしたそうです。

2016年に、母・朝加真由美さんと同居をはじめ、オーディションの練習にも付き合ってもらっているのだとか。

19歳でモデルデビューし、女優に転身。経済的にも仕事の面でも、母・朝加真由美さんに頼りたかったのだそうです。

手塚真生さんは、お父さんの篠原勝(しのはら まさる)さんとも仲良しだそうで、”父は時代物が得意なので、そういう時は指導してもらっています”と話しています。

手塚真生さんは、小学校の卒業文集では『母より有名な女優になる』と書いたそうです。同じ仕事をするようになり、母、朝加真由美さんへのリスペクトも芽生えて、今はよい関係になったのだそう。

【映画「夜明けまで離さない」での共演】
2018年10月公開の、宮地真緒さん主演の映画「夜明けまで離さないで」で、朝加真由美さんと手塚真生さんと親子共演を果たしています。

映画の中で、金髪姿の手塚真生さんが泣きながら母に罵声を浴びせる激しいシーンもあります。

手塚真生さんは、

「母と取っ組み合いのけんかもしたので(笑)、今回演じている時は当時の気持ちが甦って苦しくなった。すごい挑戦だったけど、本物の親子だからできた」

と話しています。

朝加真由美さんは、

「芝居をしていて余計なことが一切よぎらなかったし、本気で感情をぶつけ合えた」

と娘の成長に目を細めたといいます。

次ページ:西城秀樹さんとの関係は?”孤独のグルメ”や”ベンガル・西荻窪”について!