大奥スリーアミーゴスやうる星やつら・サクラ役など,俳優,声優として多くの舞台,映画,ドラマに出演し活躍されている鷲尾真知子さん。若い頃~現在,夫や子供について,”鷲尾いさ子”や”久我山”という検索ワード,新ドラマ「ディア・ペイシェント~絆のカルテ~」の出演についてなど、気になったので調べてみました。

鷲尾真知子さんのプロフィール

名前:鷲尾真知子(わしお まちこ)
出身地:神奈川県
生年月日:1949年6月2日
年齢:70歳(執筆時)
職業:女優、声優
所属:シス・カンパニー

特技:日本舞踊

経歴

精華学園女子高等学校(現・東海大学付属市原望洋高等学校)を卒業後、1969年に劇団NLT(喜劇専門に公園を行っている劇団)に入団し、俳優活動をスタート。

夢の遊眠社(小劇場運動の第三世代における代表的な劇団のひとつ。1976年旗揚げ、1992年に解散)でも活躍しました。

1989年のNLT退団まで、多数の舞台に出演。

1980年代からは、舞台のほか、映画やドラマにも多数出演します。

森田芳光監督の劇場映画デビュー作「の・ようなもの」(1981年)の、超ローカルなケーブルテレビ局のディレクター役で映画初出演します。

その後も、熊澤尚人監督「虹の女神/Rainbow Song」(2006年)での年齢詐称していた女の母親や、三木聡監督「転々」(2007年)の愛玉子店の店主、犬童一心監督「グーグーだって猫である」(2008年)の怪しげな占い師など、メインストーリーに直接絡むことはなくとも、ワンポイントの出演で強烈なインパクトを与えるような名バイプレイヤーとして、数々の作品で独特の存在感を発揮します。

テレビドラマでも、NHK『御宿かわせみ』(2003~2005年)の女中頭や、フジテレビ『あなたの隣りに誰かいる』(2003年)の高圧的な自治会長、『鹿男あをによし』(2008年)の事情通な下宿先の女将から、『フリーター、家を買う。』(2010年)の教育熱心で口うるさい姑まで、ひと癖ある多彩な役柄を数多く演じます。

2003年からの『大奥』では「大奥スリーアミーゴス(のうちの葛岡役)」が好評で、全シリーズ出演。

大奥スリーアミーゴスは、奥女中役の鷲尾真知子さん、山口香緒里さん、久保田磨希さんの3人のこと。

ドラマではこの3人が繰り広げる会話が面白いと、人気となりました。

同シリーズの映画版、舞台版でも、ともに同じ役を演じています。

舞台も精力的に出演を続け、野田秀樹、蜷川幸雄、栗山民生など、名演出家に信頼される実力派の舞台女優として活躍しています。

うる星やつら・サクラ

鷲尾真知子さんは、声優としても活躍されています。

声優としては、人形劇の『プリンプリン物語』(1979年~1982年)のワット博士役、

アニメ『うる星やつら』(1981年~)の、ミステリアスな美女・サクラ役に長期出演。

うる星やつらで組んだ、押井守監督の実写映画監督デビュー作、近未来が舞台の哲学的なファンタジー映画『紅い眼鏡』(1986年)では、警察が組織する特殊部隊のかつての同僚との再会にさまざまな思いが去来するヒロイン、鷲尾みどりを熱演しました。

その他にも、「天空の城ラピュタ」のおかみさん役、

「となりのトトロ」のさつきの学校の先生役としても出演しています。

次ページ:鷲尾真知子さんの夫や結婚、子供は?久我山や新ドラマについて!