現在・朝ドラ「エール」出演

堀内敬子さんは、2020年3月30日スタートのNHK連続テレビ小説「エール」に出演することが発表されました。

堀内さんは、2014年の朝ドラ「マッサン」には、戦争未亡人の中村美紀役で出演しています。

連続テレビ小説の102作目となる「エール」は、「栄光は君に輝く」「六甲おろし」など昭和の音楽史を代表する楽曲の数々を生み出してきた作曲家・古関裕而(こせきゆうじ)と、その妻の金子(きんこ)をモデルにした物語です。

昭和という激動の時代に、音楽とともに生きた夫婦の姿が描かれます。
主人公の古山裕一(こやまゆういち)を窪田正孝さん、その妻となる関内音(せきうち おと)を二階堂ふみさんが演じます。

堀内敬子さんの役は、川俣銀行の事務員で、川俣銀行の紅一点。裕一に女心を教える、菊池昌子(きくち しょうこ)を演じます。

堀内敬子さんは、

銀行員を演じる方々は個性溢れる俳優さんばかり!
現場では素晴らしいハーモニーを奏でるように、皆さんとシーンについて話し合ったり、刺激し合ったりさせていただいてます。
そんな私達をいつも温かく受け入れてくださる、裕一(窪田正孝)さんは、役柄も、演じられるご本人も、応援したくなる人物です!
この作品に携わらせていただけることに感謝の気持ちでいっぱいです。

と、コメントしています。

これから始まる「エール」では、どんな演技を見せてくれるのか、3月のスタートが楽しみですね!

以上、堀内敬子さんについて、でした!

同じく連続テレビ小説「エール」出演予定の森七菜さんについてはこちら
同じく連続テレビ小説「エール」出演予定の望月歩さんについてはこちら