高橋恵子さんといえば、高校生ブルースでの鮮烈なデビュー以来、太陽にほえろ!ほか数多くの作品で知られる大女優ですが、若い頃も年齢を重ねた今現在も綺麗と評判です。

その高橋恵子さんの結婚、旦那、子供(娘)、孫など家族は?

高橋恵子さんの年齢、身長、高校、経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

高橋恵子さんのプロフィール

名前:高橋恵子(たかはし けいこ)
本名:同じ(旧姓関根)
出生地:北海道川上郡
出身地:東京都府中市
生年月日:1955年1月22日
年齢:64歳(執筆時)
身長:162cm
血液型:AB型
学歴:神奈川県相模原市立大野南中学校卒業
職業:女優
所属事務所:ブロウアップ

高橋恵子さんの経歴、生い立ち、若い頃

高橋恵子さんは1955年北海道生まれ。

父親はもともと標茶町で牧場を経営していましたが、飼育していた牛が死んでしまい、廃業を余儀なくされます。

その後は保険外交員として勤め、転勤により帯広、釧路、斜里町と道内を転々としますが、高橋恵子さんが小学6年生のときに東京都府中市に一家で移住します。

子供の頃から大人びた容貌だったという高橋恵子さんは、中学2年生のときに大映のカメラマンにスカウトされ、以後女優を目指して大映研修所に通い演技のレッスンを受けるようになります。

こちらは高橋恵子さんが若い頃の姿です。セーラー服姿なので、まだ十代頃と思われますが、確かに大人びてますね。

ちなみにこの時、歌のレッスンのため音楽教室にも通っており、そこで当時小学6年生だった天才少女・後の石川さゆりさんに出会ったのだそうです。

1970年春に中学校を卒業し、大映に入社。中学生の時点で、女優としてやっていくと決意を固めており、高校へは進学しませんでした。

同年8月公開の『高校生ブルース』で映画初出演にして初主演。以後、結婚して改姓するまで、出生名の「関根恵子」名義で活動します。

妊娠する女子高生役という、当時としては衝撃的な役を演じ、またヌードを披露するなど15歳としては非常に大胆な演技を見せ、注目を集めます。

その後も『おさな妻』『新・高校生ブルース』『高校生心中 純愛』『樹氷悲歌』と立て続けに大映の作品に主演し、いずれもヒット作となります。

しかし、実像とは違う「奔放な不良少女」のイメージや、ほとんど休みのない超多忙なスケジュールなどにストレスが頂点に達し、女優引退を決意。

ところが、引退作と決意して臨んだ増村保造監督の『遊び』の撮影で、監督の情熱に触れたことで翻意し、女優業に一から取り組むことを改めて決心したといいます。

この『遊び』、そして次の『成熟』も興行的に成功を収めますが、71年に大映が倒産。東宝に移籍することになります。

移籍後の72年から演じたドラマ『太陽にほえろ!』のヒロイン・シンコ役が当たり役となり、広く知られるようになります。

(『太陽にほえろ!』より。松田優作さんと)

以後も数多くのドラマ、映画に出演しますが、やがてかつてのように、メディアや世間が作り上げた「魔性の女」のイメージに耐えられなくなっていったといいます。

「自分は汚れている、死んできれいになりたい」と思いつめるようになった高橋恵子さんは、1977年春に睡眠薬を大量に服用して自殺未遂を起こします。

高橋恵子さんの自殺未遂~復帰~現在

高橋恵子さんは1977年春に自殺未遂を起こし、一命をとりとめるものの、その後女優業を休業し、しばらく岐阜の山村に引きこもることになります。

しかし、やがて女優業への意欲がふたたび戻ってきて、1979年7月の舞台『ドラキュラ』ルーシー役を演じることが決定。

ところが、公演初日の前日に、急に演じることへの恐怖に襲われるようになり、タイのバンコクに逃亡してしまいます。

同年11月の謝罪会見の後、一度は芸能界引退を決意しますが、翻意し翌1980年に記者会見を開き芸能界復帰を宣言。『土曜ワイド劇場』の愛人役が復帰第一作となりました。

その後も高橋恵子さんの予想に反し、順調に女優としての仕事が舞い込むようになり、再び女優として多忙な日々を過ごすように。

1982年には日活ロマンポルノ10周年記念の大作『ラブレター』の主役に抜擢。同作品はロマンポルノ史上最高の興行収入を記録する大ヒットとなります。

以後も数多くの作品に出演。

『過ぎし日のセレナーデ』(89年)
『信長 KING OF ZIPANGU』(92年、NHK大河ドラマ)
『葵 徳川三代』(00年、NHK大河ドラマ)

などのドラマ、

『TATTOO<刺青>あり』(82年)
『花物語』(89年、主演)
『カミハテ商店』(12年、主演)

などの映画ほか、数多くの作品に出演。

2016年には、その多年の功績が評価され、

長年に及ぶ弛まぬ努力と群れ抜く美貌で優れた女優人生を維持し、山路ふみ子文化財団主催の「名画特別上映会」に多大な貢献を果たした献身的な活動に対して

山路ふみ子文化財団特別賞を受賞。なお、同賞受賞者には他に

和田誠さん(映画監督、平野レミさんの夫)
倉本聰さん(脚本家)
高畑勲さん(アニメ監督)
周防正行さん(映画監督)
北野武さん(映画監督)
岸恵子さん(女優)
渡辺謙さん(俳優)
三國連太郎さん(俳優)
鈴木清順さん(映画監督)
長山藍子さん(女優)
吉行和子さん(女優)
西田敏行さん(俳優)
草笛光子さん(女優)

など、映画界の錚々たる顔ぶれが揃っています。

次ページ:高橋恵子さんの夫は映画監督!結婚馴れ初めは?子供は2人で娘は女優!孫もかわいい!宗教は真如苑?【画像あり】