上野樹里さん主演TBS火曜ドラマ『持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜』に出演の女優・清水くるみさん。『音楽劇 海王星』や『わたし、定時で帰ります。』など多くの舞台,映画,ドラマ,cmに出演、活躍しています。
清水くるみさんの経歴・プロフィール・年齢、出身高校や大学など学歴、『インスタやめた』や『あまちゃん最終候補だった』というウワサや、現在の出演情報についてなど、気になったので調べてみました。

清水くるみさんのプロフィール

名前:清水くるみ(しみず くるみ)
本名:同じ
出身地:愛知県大府市
生年月日:1994年7月16日
年齢:27歳(執筆時)
身長:164cm
血液型:A型
学歴:上智大学総合人間科学部社会学科卒業
職業:女優
所属:アミューズ

特技:ダンス
趣味:ホットヨガ、カメラ(フィルムカメラで撮った写真はインスタグラムで公開中)

経歴

清水くるみさんは、1994年7月16日生まれ、愛知県大府市(おおぶし)出身の27歳(2022年4月現在)。

3歳からダンスを習います。

中学校では合唱部に所属。

芸能界デビュー

2007年、中学1年生のとき、「アミューズ30周年全国オーディション」で、6万5368人の中からグランプリを獲得。

アミューズが製作する映画への出演権を獲得し、アミューズ製作の映画『キラー・ヴァージンロード』(2009年公開)への出演が決定します。

アミューズは、サザンオールスターズ、福山雅治さん、神木隆之介さんらが所属する大手芸能事務所で、このオーディションは創立30周年を記念したものでした。

一次審査での清水くるみさん

清水くるみさんは、一次審査で、3歳から習っているという得意のダンスを披露しました。

オーディションを受けた理由は、清水くるみさんは神木隆之介さんの大ファンで、ネットを見て『最終審査まで残ったら神木さんに会える』と知って自ら応募したのだそうです。

女優デビュー

オーディションの翌年の2008年から女優として活動を開始。

2009年には、映画『悲しいボーイフレンド』(草野陽花監督・寺脇康文さん初の単独主演作品)と『キラー・ヴァージンロード』(アミューズ所属の岸谷五朗さん初監督作品・上野樹里さん主演・清水くるみさんは主人公の少女時代を演じます。)に出演。

映画「キラー・ヴァージンロード」撮影現場での清水くるみさん

以降、TVドラマ『美丘(みおか) 君がいた日々』(2010年・日本テレビ系/吉高由里子さん主演)や、映画『桐島、部活やめるってよ』(2012年)といった話題作に出演。

映画「桐島、部活やめるってよ」(右から)橋本愛さん、清水くるみさん、山本美月さん、松岡茉優さん

携帯ドラマ『学園潜入型恋愛ドラマ ハイスクールドライブ 目が覚めたら高校生だった』(2012年)、TVドラマ『Dearママ』(2012年・第24回フジテレビヤングシナリオ大賞作品)では主演を務めます。

2012年11月、桑田佳祐さんと共演したドコモ携帯電話のCMも話題になります。

2013年には恋愛映画『ジンクス!!!』(2013年)のメインキャストを演じたほか、ミュージカル『ロミオとジュリエット』のジュリエット役に抜てきされます。

ミュージカル「ロミオとジュリエット」ジュリエット役の清水くるみさん
その他の出演作

映画

『銀魂』(2017年7月14日)

『銀魂』の原作やアニメには、ジブリ作品や人気アニメのパロディシーンがよく出てきますが、実写映画でも『風の谷のナウシカ』や『ワンピース』などのパロディシーンが登場して話題になりました。

清水くるみさんが演じた「青き衣の人」もそのパロディ絡みで、『風の谷のナウシカ』ネタだったそうです。

「青き衣の人」がナウシカらしき格好で、架空の小型飛行機メーヴェに乗って登場し、主人公の坂田銀時にメーヴェを貸す、という展開だったようです。

その出演シーンの画像を検索してみましたが、清水くるみさんの銀魂出演シーンは見つけられませんでした。


『新解釈・三国志』(2020年12月11日) – 麋夫人 役


舞台
『音楽劇 海王星』(2021年12月6日 – 30日、PARCO劇場 / その後、大阪・富山・宮城・青森・愛知を巡演) – 少女そばかす 役

映画・ドラマ・CMや舞台にも多数出演、幅広いジャンルで活躍しています。

次ページ:清水くるみさんの出身高校や大学は?&『インスタやめた?』のウワサについても!