野波麻帆さんといえば、モテキ、家政婦のミタ、アタルなど数多くの作品で知られる女優ですが、スタイリストとしても長澤まさみさんを担当するなど、かなりの技量をお持ちのようです。

英語も上手で、実家、結婚なれそめ、旦那、子供など家族にも関心が集まっているようです。

その野波麻帆さんについて、年齢や身長、高校や経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

野波麻帆さんのプロフィール

名前:野波麻帆(のなみ まほ)
本名:同じ(旧姓)
出身地:東京都
生年月日:1980年5月13日
年齢:38歳(執筆時)
身長:166cm
スリーサイズ:82-58-86
血液型:O型
学歴:堀越高等学校卒業
職業:女優
所属事務所:東宝芸能

野波麻帆さんの経歴

野波麻帆さんは1980年東京都生まれ。

立教女学院小学校・中学校を卒業後、1996年に同高校に進学。

高校1年生のときに東宝「シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞したことをきっかけに芸能界入り。

立教女学院はアルバイト、芸能活動が禁じられているため、1年生2学期より堀越高等学校に転校し、1999年に卒業します。

1997年、『寿司、食いねェ!4』でドラマに、『モスラ2 海底の大決戦』で映画に、それぞれ初出演を果たします。

1998年の映画『愛を乞うひと』で日本アカデミー賞優秀助演女優賞、おおさか映画祭新人賞、日本映画批評家大賞新人賞を受賞。

(『愛を乞うひと』より)

2001年、『案山子 KAKASHI』で映画初主演を果たします。

2002年からは『こちら本池上署』シリーズに中井あずさ役でレギュラー出演。

2009年、『セレぶり3』で連続テレビドラマ初主演。

以後も数多くのドラマ、映画に出演。

近年も、

『ダメな私に恋してください』(16年)
『恋がヘタでも生きてます』(17年)
『ハケン占い師アタル』(19年)
『スパイラル~町工場の奇跡~』(19年)

(『ハケン占い師アタル』より)

などのドラマ、

『つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語』(13年)
『中学生円山』(13年)
『脳内ポイズンベリー』(15年)
『嘘を愛する女』(18年)

などの映画ほか、数多くのドラマ、映画、舞台に出演。女優として第一線で活躍を続けています。

野波麻帆さんの性格

野波麻帆さんの性格についてですが、一般には『ダメな私に恋してください』での生嶋晶役のような、姉御肌な性格と見られているみたいですね。

周囲の男友達からも、「男」と言われるようで、実際にもそういう人柄のようです。

ただ、自身の性格については、「姉御肌かどうかは分からないが、マイペースで物事に動じない性格」だと自己分析なさっているようです。

また、過去のインタビューで、「いい女とは?」との問いに対して、

「ちゃんと相手の気持ちをわかってあげて立てられる人ですね。全てが見えているんだけど、でもそれを見せない人。サラッとした気遣いができる人がカッコいいですよね」

と答えています。この回答からも、野波麻帆さん自身、非常にさっぱりした気質の人であることがうかがえます。

なお、後述しますが、旦那さんからも、「真っ直ぐな性格に惹かれた」と評されていますので、やはり野波麻帆さんはかなり男前な性格なのでしょうね。

続きます。

次ページ:野波麻帆さんの英語が話題に。実家は金持ち?イルマリさんとの交際、破局理由は?結婚相手の旦那、子供について。