岸本加世子さんとビートたけしさんとの関係

岸本加世子さんとビートたけしさんは、非常に仲がよいことで知られています。

2人は82年のドラマ『刑事ヨロシク』で共演して以来の大親友で、後にビートたけしさんが映画監督となった後も、その作品に多く出演。

『HANA-BI』
『菊次郎の夏』
『TAKESHIS’』

(『HANA-BI』より)

特に『HANA-BI』ではアカデミー賞優秀主演女優を、『菊次郎の夏』では最優秀助演女優賞を受賞しています。

岸本加世子さんにとってはビートたけしさんは兄貴分のような存在で、ずいぶん助けられたみたいですね。

岸本加世子さんが日本アカデミー賞新人賞を受賞した際に、「自分がこういう賞をもらってもいいものでしょうか?」と悩みを打ち明けたことがあったそうです。

そのときのビートたけしさんの答えは、

「くれる、つーもんは、病気以外なんでももらえ」。

それを聞いた岸本加世子さんは、自分が思い上がっていたことに気がついたのだそうです。

他には、春風亭小朝さんとのデートの際には、記者にバレないようにビートたけしさんが岸本加世子さんに同行してカモフラージュした、なんていうエピソードもあったみたいですね。

また、大ファンだった美空ひばりさんが1989年に亡くなったとき、岸本加世子さんはショックのあまり、人と会いたくなくなり、本気で女優を辞めることを考えるほど傷心だったそうです。

その時、ビートたけしさんだけが唯一、『笑かすことしかできないけどな』と言って、バーに岸本加世子さんを連れていき、励ましてくれたのだとか。

こういう間柄でしたので、多くの愛人報道で知られるビートたけしさんとの間に男女の関係が噂されたこともあったみたいですね。

ただ、岸本加世子さんご本人は、「長年の付き合いなのに、そういう素振りを見せたことは一切なかった」と発言していたようです。

ビートたけしさんにとっては、岸本加世子さんは可愛い妹のような存在だったのかもしれませんね。

以上、岸本加世子さんについてでした!