板谷由夏さんと言えば、インスタやブランドsinme、髪型、そして石田ゆり子さんとの関係が話題です。

板谷由夏さんの旦那は?子供は何人?学校は?家はどこ?

板谷由夏さんの年齢、身長、高校、経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

板谷由夏さんのプロフィール

名前:板谷由夏(いたや・ゆか)
出身地:福岡県
誕生日:1975年6月22日
年齢:43歳(執筆時)
身長:171センチ
体重:48キロ
学歴:九州国際大学付属高等学校、福岡女学院大学短期大学部卒業
血液型:O型
所属事務所:アミューズ

板谷由夏さんの若い頃~今現在

板谷由夏さんは1975年福岡県生まれ。

地元・福岡の中学校を卒業後、九州国際大学付属高等学校に進学。

(高校時代の板谷由夏さん)

当時ブームに湧いていた海外のスーパーモデルに憧れ、海外雑誌を読み漁っていたという板谷由夏さんは、学校帰りに電話帳で事務所を調べ、自ら応募したといいます。

高校を卒業後、福岡女学院大学短期大学部に進学。そして、在学中の1994年から雑誌『PeeWee』の専属モデルとして活躍を始めます。

1995年には、博多華丸さん、おたこぷーさんと共に「SOUTH END×YUKA」としてシングル『SO.TA.I』をリリース。

博多華丸さんについて

短大卒業後は上京し、八百屋のアルバイトなどをしながらモデルの仕事を続けます。

板谷由夏さんの転機となったのは、1996年のNHK『イタリア語会話』の生徒役でした。

その番組を観ていた映画監督の大谷健太郎さんの目にとまり、演技の道へ。

当時の板谷由夏さんは、女優になることは全く想定外で、芝居はまったくの未経験だったそうですが、同監督の作品『avec mon mari』(99年)で主演し、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。

この作品で演技の道に開眼した板谷由夏さんは、同年のドラマ『パーフェクトラブ!』でドラマ初出演を果たし、以後数多くのドラマ、映画に出演。

以来、

2005年『運命じゃない人』で毎日映画コンクール 女優助演賞

2007年『サッド・ヴァケイション』で高崎映画祭 最優秀助演女優賞

を受賞するなど、女優としての才能が開花し、その演技力は高く評価されるようになります。

また、2007年からは報道番組『NEWS ZERO』の火曜日キャスターに就任。2018年までの11年間勤め上げます。

さらに、

2015年にはファッションブランド「SINME(シンメ)」を立ち上げ、

2017年からはTOKYO FMのラジオ番組『COSMO POPS STATION』のパーソナリティを務め、

2018年には舞台『フォトグラフ51』で舞台初出演で初主演を果たすなど、

女優として、タレントとして、ファッションデザイナーとして、幅広い分野で多彩な活躍を続けています。

次ページ:板谷由夏さんの旦那は古田ひろひこさん!子供の学校は?自宅はどこ?【画像あり】