いしだあゆみさんの結婚、旦那は萩原健一さん

いしだあゆみさんはかつて、俳優のショーケンこと萩原健一さんと結婚していました。

2人は1977年のドラマ『祭ばやしが聞こえる』で共演したことがきっかけで交際に発展。

当時萩原健一さんはモデルの小泉一十三さんと結婚していましたが、78年に離婚しています。

萩原健一さんといしだあゆみさんの交際報道が出たのが78年のことで、それがきっかけで離婚したとも言われているみたいですね。

80年に萩原健一さんといしだあゆみさんは結婚。しかし、4年後の84年に離婚します。

どうやら萩原健一さんの度重なる素行不良が離婚の引き金になったみたいですね。

結婚3年目の1983年、萩原健一さんは自宅で大麻所持の現行犯で逮捕されます。

このとき、いしだあゆみさんは会見でひたすら夫をかばい、離婚を否定しました。

萩原健一さんは起訴され、懲役1年、執行猶予3年の判決を言い渡されます。

しかし、執行猶予も明けない翌1984年に飲酒運転で人身事故を起こし、業務上過失傷害罪で逮捕されます。

さすがのいしだあゆみさんも愛想を尽かし、同年、離婚の運びとなりました。

なお、後に萩原健一さんは、自伝本『ショーケン』の中で、いしだあゆみさんとは入籍しておらず、事実婚の関係だったと告白しています。

ただし、これに対して週刊新潮が「実際には入籍していた」と反論記事を掲載しており、実際どちらだったのかは不明です。

萩原健一さんとの離婚後のいしだあゆみさんは、現在に至るまで独身を貫き通しています。

一方の萩原健一さんは、その後倍賞美津子さん(事実婚)、ヘアメイク担当の女性、モデルの冨田リカさん(現在の妻)と結婚を繰り返しています。

以上、いしだあゆみさんについてでした!