いしだあゆみさんといえば、歌手としてブルー・ライト・ヨコハマやあなたならどうする等のヒット作が有名ですが、北の国から、金曜日の妻たちへ、男はつらいよ、火宅の人など数多くの名作で知られる名女優でもあります。

そのいしだあゆみさんは今現在どうしてるのか?若い頃は?また姉妹や結婚、旦那、子供など家族は?

いしだあゆみさんの年齢、身長、高校、経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

いしだあゆみさんのプロフィール

名前:いしだあゆみ
本名:石田良子(いしだ よしこ)
出生地:長崎県佐世保市
出身地:大阪府池田市
生年月日:1948年3月26日
年齢:70歳(執筆時)
身長:163cm
血液型:B型
学歴:上野学園高等学校卒業
職業:歌手、女優
所属事務所:イザワオフィス

いしだあゆみさんの経歴。若い頃

いしだあゆみさんは1948年長崎県佐世保市生まれ。4人姉妹の次女です。いずれも美人と評判の4姉妹だったそうです。

父親は米軍基地のパン工場で働いており、後に独立して喫茶店を大阪府池田市で開業します。

いしだあゆみさんは生後間もなく肺炎にかかり、瀕死の重態となります。

当時の日本では構成物質のペニシリンが非常に貴重で手に入りにくく、生命が危ぶまれましたが、幸いにも米軍基地の病院にあり、一命をとりとめます。

その後間もなく大阪に移住。3歳の頃にフィギュアスケートを始め、1959年、小学6年生のときに全関西フィギュア・スケート選手権大会ジュニアの部で優勝を果たします。

中学1年生のときに、東宝の取締役・松岡辰郎さん(のち代表取締役社長。松岡修造さんの祖父)の紹介により大阪・梅田コマ劇場のステージに立ち、芸能界入りを果たします。

1962年に上京し、64年に「いしだあゆみ名義で『ネェ、聞いてよママ』でレコードデビュー。

この頃は16歳くらいですか。現在はかなり細身ですが、この当時はふっくらしていたのですね。

さらに同年『七人の孫』でドラマデビューを果たします。

若い頃のいしだあゆみさんです。

エキゾチックな風貌で、とても綺麗ですね。

いしだあゆみさんのブレイク~現在

68年12月発売の『ブルー・ライト・ヨコハマ』が翌年から大ヒットし、150万枚の売上を記録。69年の紅白歌合戦初出場を果たします。

以後も『あなたならどうする』『砂漠のような東京で』などのヒット作を発表し、紅白歌合戦に69年から77年まで9年連続で出場するという快挙を成し遂げます。

また、女優としても、数多くのドラマ、映画に出演。

一糸まとわぬ姿を披露し話題になった『野獣刑事』(82年)、『男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋』(82年)でのマドンナ・かがり役などが評価され、日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。

86年の映画『火宅の人』ではブルーリボン賞、毎日映画コンクール、報知映画賞など数多くの映画賞で主演女優賞を受賞し、日本アカデミー賞では最優秀主演女優賞を受賞するなど、高く評価されます。

緒形直人さんの妻は仙道敦子さん!

また、テレビドラマでも『北の国から』や『金曜日の妻たちへ』などのヒット作に出演。当たり役となり、人気を博します。

2003年後期のNHK連続テレビ小説『てるてる家族』はいしだあゆみさんの一家をモデルとしたドラマで、いしだあゆみさん自身もクラブ歌手を演じています。

近年も、

『海の上の診療所』(フジ、13年)
『金曜プレステージ・山田太一ドラマスペシャル よその歌 わたしの唄』(フジ、13年)
『鴨、京都へ行く。-老舗旅館の女将日記-』(フジ、13年)
『おわこんTV』(NHKBSプレミアム、14年)
『円卓』(東宝映画、14年)
『ラギッド!』(NHKBSプレミアム、15年)
『ボクらの時代』(フジ、17年)
『やすらぎの刻~道』(テレ朝、19年)

など数多くのドラマ、映画、テレビ番組に出演。女優として第一線で活躍を続けています。

次ページ:いしだあゆみさんの姉妹も美人な著名人!結婚馴れ初め、旦那は萩原健一さん!離婚原因は?