加賀まりこさんの結婚、旦那、パートナー、子供。父親は?

加賀まりこさんと言えば、そのキュートなルックスと奔放な言動から、「小悪魔」として知られていますが、その言動のみならず、その男性遍歴における奔放さでもよく知られています。

加賀まりこさんの男性遍歴:川端康成

まずは番外的ですが、有名なのはあの川端康成です。

出会いのきっかけは川端康成原作の映画『美しさと哀しみと』(65年、篠田正浩監督)に加賀まりこさんが出演したことでした。

川端康成は加賀まりこさんをリハーサルで一目見て気に入り、

「私がまるで加賀まりこさんのために書いたやうな、ほかの女優は考へられないやうな、主演のまりこがそこに現はれた」

「演技より前の、あるひは演技の源の、加賀さんの持つて生まれた、いちじるしい個性と素質が出てゐた」

とその演技、存在感を称賛。

以来、2人はともに朝食を摂ることもある仲になりますが、特に熱愛といった関係ではなく、加賀まりこさんいわく「いいダチ」なのだそうです。

加賀まりこさんの男性遍歴:石坂浩二さん

加賀まりこさんはかつて、石坂浩二さんと交際していました。

2人は1966年の舞台で共演したことがきっかけで交際に発展し、同棲するようになります。

しかし、お互いに多忙のため、関係は自然消滅してしまいます。

石坂浩二さんによると、加賀まりこさんは「教えたがり」な人だったそうで、交際中は読書や演技のことについて、石坂浩二さんにしょっちゅう「説教」していたのだそうです。

石坂浩二さんも相当な読書家で、かなりの博識だったはずですが…

ちなみに後の結婚相手となる浅丘ルリ子さんを石坂浩二さんに紹介したのは加賀まりこさんですが、その際も、

「浅丘さんはいい女優さんだから会った方がいいわよ」

というアドバイスから入ったのだそうです。

そのアドバイスは正しかったようで、石坂浩二さんは71年に浅丘ルリ子さんと初共演した際に「天才的な女優」だと確信したみたいですね。

決め手となったのは、浅丘ルリ子さんが当時トップスターの大女優でありながら手料理も抜群に上手というギャップだったそうで、同年に結婚に至ります。

加賀まりこさんの男性遍歴:布施明さん

加賀まりこさんは、歌手の布施明さんと交際していたという噂があります。

加賀まりこさんは、1972年に未婚のまま女児を妊娠し、シングルマザーとして育児をする決意を固め、出産に踏み切りますが、出産からわずか7時間後に子供は死亡してしまいます。

父親については、当時の週刊誌が加賀まりこさんの交際歴をたどって「布施明さんではないか?」という推測記事のようなものを出したことがあったのだとか。

ただ、加賀まりこさん自身の口から公表されたわけではないので、真相は不明です。

布施明さんについてはこちら

加賀まりこさんの男性遍歴:高田明侑さん

加賀まりこさんは1974年に元フジテレビプロデューサーの高田明侑(はるゆき)さんと結婚しています。

しかし、わずか6年後の1980年に離婚。

その後、高田明侑さんは佐智子さんという女性と再婚しています。

高田明侑さんは2011年1月8日に心不全で逝去。75歳でした。

次ページ:加賀まりこさんの現在は事実婚!馴れ初めは?パートナーの清弘誠さんはどんな人?