布施明さんと言えば、シクラメンのかほり、君は薔薇より美しい、など数多くのヒット曲で知られる歌手で、昔若い頃も年齢を重ねた今現在も、その歌声は多くの聴衆を虜にしています。

その布施明さんの結婚、離婚、元嫁オリビア・ハッセーさん、嫁の森川由加里さん、子供(息子)など家族について、年齢や身長、高校や経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

布施明さんのプロフィール

名前:布施明(ふせ あきら)
本名:布施晃(ふせ あきら)
出身地:東京都三鷹市
生年月日:1947年12月18日
年齢:71歳(執筆時)
身長:171cm
血液型:A型
学歴:豊島実業高等学校卒業
職業:歌手
レーベル:徳間ジャパンコミュニケーションズ
所属事務所:FRA音楽創舎

布施明さんの若い頃~今現在

布施明さんは1947年東京都三鷹市生まれ。男3人、女1人の4人きょうだいの末っ子で、幼い頃は武蔵野の雑木林を駆け回る自然児だったといいます。

ジュール・ヴェルヌの『十五少年漂流記』に感銘を受け、また父親に買ってもらった顕微鏡で葉脈や魚の臓腑などを観察するのが好きだったという少年時代の布施明さん。

その夢は、冒険小説家か野口英世のような病理学者だったのだそうです。もともと音楽は苦手で、興味もなかったのだとか。

ところが、中学1年生のときに三鷹から府中に引っ越し、吹奏楽部でフルートやピッコロを演奏するようになり、次第に音楽に目覚めていったといいます。

高校進学後も部活動を続け、在学中にオーディション番組『味の素ホイホイ・ミュージック・スクール』に参加。

布施明さんによると、歌の上手下手とは無関係に、ディレクターにハーフと間違えられたという理由で選抜され、予選を通過したのだとか。

その後本選も通過し、見事合格。渡辺プロにスカウトされます。

1965年『君に涙とほほえみを』でキングレコードよりデビューを果たします。

以後も、『恋』『霧の摩周湖』『愛は不死鳥』『積木の部屋』などのヒット曲を立て続けにリリース。

さらに1969年のドラマ『S・Hは恋のイニシァル』でドラマ初主演を果たします。

1975年に小椋佳さんから詞・曲を提供された『シクラメンのかほり』をリリース。ミリオンセラーを記録する大ヒットとなります。

同曲は日本レコード大賞、日本歌謡大賞・FNS歌謡祭での最優秀グランプリなど、数多くの音楽賞を受賞します。

以後も『傾いた道しるべ』『陽ざしの中で』『落葉が雪に』『君は薔薇より美しい』『恋のサバイバル』など、ヒット作を量産。

1980年代におけるアメリカの女優オリビア・ハッセーさんとの結婚・離婚をはさみながら、歌手として、俳優として第一線で活躍。

紅白歌合戦も25回を数えるなど、押しも押されもせぬ日本を代表する男性アーティストの一人と目されるようになります。

なお、紅白歌合戦は長年常連でしたが、2009年をもって後進に道を譲るために勇退することを発表しています。

また、俳優としても、映画『ラヂオの時間』、ミュージカル『オケピ!』、 ドラマ『男の選びかた』『ウソコイ』『WATER BOYS』『仮面ライダー響鬼』など、数多くの話題作に出演。

2013年には歌手の森川由加里さんと再婚。

2015年には音楽界における多年にわたる功績が認められ、日本レコード大賞・功労賞を受賞。

近年も、シングル『夢でもいいから』(14年)、『君に会いに行くよ』(16年)、アルバム『WALK』(18年)をリリース。

また、2019年4月より、BS朝日の音楽番組『日本の名曲 人生、歌がある』の司会に就任するなど、現在に至るまで、日本の歌謡界を牽引するトップアーティストの1人として、活躍を続けています。

次ページ:布施明さんの結婚、離婚、再婚。前妻のオリビア・ハッセーさん、息子のマクシミリアンさん、現妻の森川由加里さんについて