ダイアモンドユカイさんと言えば、伝説的なロックバンド・RED WARRIORSのボーカルとして、また俳優として、タレントとして多彩な活動で知られています。

そのダイアモンドユカイさんの結婚や嫁、子供など家族について、年齢や身長、高校大学や経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

ダイアモンドユカイさんのプロフィール

名前:ダイアモンドユカイ
本名:田所豊(たどころ ゆたか)
出生地:埼玉県大宮市
出身地:東京都
生年月日:1962年3月12日
年齢:56歳(執筆時)
身長:166cm
血液型:B型
学歴:専修大学附属高等学校卒業、専修大学法学部中退
職業:ロックシンガー、俳優
所属事務所:サンミュージック・サウンドミッション

ダイアモンドユカイさんの経歴、若い頃~現在

ダイアモンドユカイさんは1962年生まれ。祖父が観世流の能楽師で、両親が地方公務員(父親は東京都、母親は埼玉県)という家庭に生まれました。

子供の頃は音楽に特に関心はなく、サッカーや野球、水泳、マラソンなどのスポーツに関心があり、中学時代は野球部に所属していました。

そんなユカイ少年の転機は、部活でデッドボールをもらい、足を骨折したことでした。

しばらく運動ができなくなっていたところ、友達がビートルズのレコードを持ってきてくれ、それがきっかけで音楽に目覚めたといいます。

すぐにギターを買ってもらい、それからは四六時中一人でギターを弾き、歌を歌う毎日を過ごすようになるほどのめり込んでいきます。

夜遅くに外でバカでかい声で歌って、近所中で問題になったこともあるのだとか。この頃からすでにロックな片鱗がうかがえます。

音楽には強く惹かれていたものの、真面目な公務員家庭に育ったダイアモンドユカイさんは、音楽のようなロックな道か、両親のような真面目な進路かで揺らいでいたそうです。

そして、真面目に受験勉強をして専修大学附属高等学校に進学。進学後は自分の進路は音楽であるとはっきり悟り、バンドを結成。以後音楽の道を突き進むことになります。

しかし、高校卒業後、内部進学で専修大学法学部に進学し、引き続き音楽活動を続けるものの、卒業が近づき、他のメンバーたちが次々とお堅い就職先を決めていくのを見て、ふたたび揺れ始めたといいます。

両親の勧める公務員の道か、それとも自分の好きな音楽の道か。

そんなときに友人から手渡された一冊の本がきっかけで、何もかもが吹っ切れ、迷いが消え去ったのだそうです。

謝世輝さんという人が書いた『信念の魔術』という本です。

ダイアモンドユカイさんは自分の生きる道をはっきりと音楽に定め、大学を中退。

1985年にギタリストのシャケこと木暮武彦さんらとロックバンド「RED WARRIORS」を結成し、ボーカルを担当。

若い頃のダイアモンドユカイさんです。独特の雰囲気がありますね。

86年にアルバム『LESSON 1』でデビューを果たします。

87年にはハリウッド映画『TOKYO-POP』で本名の「田所豊」名義で俳優デビューを果たし、カンヌ国際映画祭にも出席。

このとき、当時まだ無名だったユマ・サーマンをナンパし食事に誘ったというエピソードもありました。

89年にRED WARRIORSを解散し、翌90年にソロデビュー。

以後もRED WARRIORSの再結成・解散を何度か繰り返しながら、基本ソロで音楽活動を続けます。

現在に至るまで、ボーカリストとして多くのライブをこなし、シングル・アルバムを数多くリリースするほか、俳優としても数多くのドラマ、映画、舞台に出演。

また、その名のとおり独特の「ユカイ」なキャラクターを活かし、数多くのバラエティ番組にも出演。

自叙伝や自身の不妊治療や育児についての著作を出版するなど、ミュージシャンの枠に収まらない、多彩な活動を繰り広げています。

次ページ:ダイアモンドユカイさんの結婚歴は2回!元嫁は三浦理恵子さん!離婚理由、現在の嫁と子供について