野口五郎さん、私鉄沿線や甘い生活、岩崎宏美さんとのデュエットが話題です。

その野口五郎さんのすごい近況、病気、妻、結婚、子供(息子と娘)などについて、身長、年齢、経歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

野口五郎さんのプロフィール

名前:野口五郎(のぐち ごろう)
本名:佐藤靖(さとう やすし)
出身地:岐阜県美濃市
生年月日:1956年2月23日
年齢:65歳(執筆時)
身長:174cm
血液型:A型
学歴:堀越学園高校卒業
職業:歌手、俳優、タレント、情報技術者、実業家
所属事務所:オフィス・ジー

野口五郎さんの経歴。若い頃からイケメン!

野口五郎さんは1956年岐阜県生まれ。兄は作曲家の佐藤寛さんです。

曽祖父は人形浄瑠璃の太夫、両親はアマチュア楽団の歌手同士。

幼い頃から歌の得意だった野口五郎さんは、1966年の「日清ちびっこのどじまん」で優勝。さらに中部日本放送の「どんぐり音楽会」でも1位を獲得。

こちらは「ちびっこのどじまん」で荒木一郎さんの「今夜は踊ろう」を歌う野口五郎さんの姿です。当時10歳でしたが、すでにイケメンですね。

これで自信を深めた野口五郎さんは歌手を目指し、中学2年生のときに実母とともに上京。

なお、野口五郎さんは中学生のときからキャバレーなどでバンドに所属しギターの腕を磨いたり、エレキギターのコンテストにも多数出場するなど、歌手歴よりもギタリスト歴の方が長いです。

子供の頃はプロ野球選手を目指していたそうですが、脚を傷めて断念し、ギターに打ち込むようになったのだそうです。

これに関しては後年、「脚の故障がなかったら”歌手・野口五郎”は存在しなかったかも」と振り返っています。

1971年5月1日に演歌歌手としてポリドール・レコードからシングル「博多みれん」で歌手デビューを果たします。

デビュー曲のセールスは振るいませんでしたが、2曲目の「青いリンゴ」でポップスに転向し、ヒット。そのルックスもあいまって、多くの若い女性ファンの人気を獲得。

なお、「野口五郎」という芸名は、ポリドールのディレクターが名付けたもので、飛騨山脈の「野口五郎岳」に由来しています。雄々しくたくましい歌手になるようにとの願いから名付けられたのだそうです。

1972年12月31日にはNHK紅白歌合戦に当時最年少(16歳10ヶ月)で初出場を果たし、「めぐり逢う青春」を歌います。

(紅白初出場時の野口五郎さん)

紅白歌合戦には初出場の1972年から1981年まで10年連続の出場を果たし、現在まで合計11回の出場経験があります。

以後も「オレンジの雨」「君が美しすぎて」「甘い生活」「私鉄沿線」「哀しみの終わるとき」など、立て続けにヒットを飛ばし、西城秀樹さん、郷ひろみさんと並んで「新御三家」と称され、一躍トップアイドルの仲間入りを果たします。

なお、「私鉄沿線」の作曲者は実兄の佐藤寛さんです。リリース(1975年)から半世紀近く経った現在でも、野口五郎さんの代表曲として知られています。

以後も歌手として「きらめき」「風の駅」「グッド・ラック」「青春の一冊」「コーラス・ライン」など数多くのヒット曲をリリース。

歌手以外でも、75年からはバラエティ「カックラキン大放送!!」にレギュラー出演し、コントに挑戦。幅広い世代からの人気を獲得。以後も「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」「文珍なぞなぞランド 」「ものまね王座決定戦」など数多くの人気バラエティ番組に出演。

また75年の映画「再会」で初主演したのを皮切りに俳優としても活躍。映画「季節風」(主演)、「微熱 MY LOVE」「赤んぼ少女」や、ドラマ「誰かが私を愛してる」NHK大河ドラマ「八代将軍吉宗」「功名が辻」をはじめ、多くのドラマ、映画に出演。

私生活では、2001年にタレントの三井ゆりさんと結婚し、現在1女1男の父親に(後述)。

近年では、歌手、俳優、タレントといった芸能活動以外にも、音楽ライブ配信アプリを発案し、会社を立ち上げる(後述)など、情報技術者、実業家としても活躍するなど、多彩な才能を発揮。それぞれの分野で第一線で活躍を続けています。

次ページ:「野口五郎 嫁・三井ゆりとの馴れ初め結婚,離婚危機?」に続く