中村玉緒さんの子供は2人!息子は鴈龍さん。殺人って?

中村玉緒さんと勝新太郎さんの間には1男1女がいます。

長男は俳優の鴈龍(がん りゅう)さんです。

鴈龍さんは1964年生まれ。1989年、本名の「奥村雄大」名義で、父親の勝新太郎さん監督の映画『座頭市』でデビュー。

1988年12月26日、広島県・みろくの里撮影所にて同作品の殺陣の撮影中に、斬られ役の俳優を日本刀で斬りつけたところ負傷させてしまい、その後その俳優は死亡。

鴈龍さんは業務上過失致死罪の疑いで逮捕されます。

その日本刀は模造刀ではなく真剣であり、その刃が首に刺さったのが事故の原因でした。

スタッフの1人である助監督が、迫力を出すために勝手に真剣を用意したというのが真相のようです。

しかし、鴈龍さん自身は、それが真剣であることを知らされずに使用したみたいですね。実際、裁判でもその主張が認められています。

いくら迫力を出すためとは言え、真剣であることを使用者に知らせないというのは、非常に危険で杜撰と言えます。

さらに、この事故が起きてからも撮影は続行されたため、安全管理の問題とともに、その制作姿勢も問題視され、当時大きなスキャンダルとして報じられました。

この事故以後、鴈龍さんは謹慎生活を送ることになりますが、撮影は続けられ、89年2月4日に封切られます。

人が死亡する重大事故というスキャンダル、過熱する報道、クランクアップの遅れによる公開延期の危機など、様々な困難を乗り越えて公開された同作品は、11億円の配給収入を記録する大ヒットとなりました。

謹慎が解かれた後は、端役で復帰していましたが、94年に父親の勝新太郎さん演出・主演の舞台『不知火検校』で本格復帰を果たします。

その後の鴈龍さんは、映画やオリジナルビデオ(いわゆるVシネマ)を中心に活動。また舞台のほか、母親の中村玉緒さんとともにドラマやバラエティ番組で数多く共演しています。

中村玉緒さんと勝新太郎さんの娘・奥村真粧美さん

中村玉緒さんと勝新太郎さんの娘は奥村真粧美(まさみ)さんといいます。

奥村真粧美さんは1962年生まれ。

1980年、父親の勝新太郎さんが監督・脚本・主演を手がけたドラマ『警視-K』でレギュラーとしてドラマ初出演。

奥村真粧美さんは父親演じる主役の刑事・賀津勝利の娘役を演じています。

この作品では中村玉緒さんも賀津勝利の元妻役として出演しており、話題となりました。

なお、鴈龍さん、奥村真粧美さんの2人とも、1982年に大麻密売で逮捕歴があります。鴈龍さんは18歳、奥村真粧美さんは20歳頃になりますね。

鴈龍さんはさらに1984年にも大麻取締法違反で再び逮捕されています。

父親の勝新太郎さんも麻薬所持で1978年に書類送検、その後1990年に麻薬所持で再び逮捕、翌年に執行猶予付きの懲役の判決を下されています。

奥村真粧美さんは現在は女優としては特に目立った活動はなさっていないようです。

近年では、母親の中村玉緒さんと共にバラエティ番組に出演したりしているみたいですね。また、中村玉緒さんのマネージャー的な存在だとも言われています。

奥村真粧美さんには結婚歴があるそうですが、スピード離婚し、現在は独身、子供もいらっしゃらないとのことです。

以上、中村玉緒さんについてでした。最後までお読み頂きありがとうございました。