酒井和歌子さんと言えば、『これが青春だ!』『でっかい太陽』『若大将シリーズ』などで知られる東宝出身の清純派美人女優ですが、CMも話題で、若い頃も年齢を重ねた今現在も綺麗だと評判です。

その酒井和歌子さんについて、結婚や年齢、身長、高校や経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

酒井和歌子さんのプロフィール

名前:酒井和歌子(さかい わかこ)
出生地:栃木県
出身地:東京都板橋区
生年月日:1949年4月15日
年齢:69歳(執筆時)
身長:164cm?
血液型:B型
学歴:目白学園女子短期大学国文科中退
職業:女優
所属事務所:スタッフ・アップ プロモーション

酒井和歌子さんの身長について

酒井和歌子さんの身長は164cmだと言われています。

この現在でもやや長身な方ですので、同世代ではかなり長身の部類だったのではないでしょうか。

昔の写真などを拝見すると、スラッとしてスタイルがよく、非常に見栄えのする素敵な女優さんだったことがよくわかります。

酒井和歌子さんの若い頃~今現在

酒井和歌子さんは1949年栃木県生まれ。

生後間もなく東京都板橋区に移り住み、小学校入学後、「劇団若草」に入団、子役としてのキャリアをスタートさせます。

1961年に子役として日活映画『あいつと私』で映画初主演を果たすほか、テレビドラマに出演。

(『あいつと私』より。左が酒井和歌子さん)

また、『女学生の友』などの雑誌のモデルとしても活躍。

1964年に東宝に入社し、映画『今日もわれ大空にあり』に出演。

(『今日もわれ大空にあり』より)

内藤洋子さんとともに「青春スター」として売り出されますが、当初は内藤洋子さんの方が人気が出て、酒井和歌子さんは目立たない存在だったといいます。

しかし、夏木陽介さん主演の『これが青春だ!』『でっかい太陽』での清純な女子高生役で注目を集めます。

そして、ブロマイド売上があの吉永小百合さんを抜いて1位を獲得するなど、人気が急上昇。

その後、代表作となる1968年の『めぐりあい』で映画初主演。東宝の看板女優としての地位を確立します。

(『めぐりあい』より)

さらに続いて『若大将シリーズ』の2代目ヒロイン・節子役(初代は星由里子さん)や、ドラマ『日本の青春』などの話題作で広く知られるようになります。

(『若大将シリーズ』より)

70年代以降は、いわゆる2時間ドラマを中心に活躍し、良妻賢母や淑女のほか、それまでの清純派のイメージを覆す悪女、主人公の母や姑など、様々な役柄を幅広く演じるようになります。

近年は映画『旅の贈りもの~明日へ~』(12年)、ドラマ『最強のふたり~京都府警 特別捜査班~』(15年)、『女検察事務官 黒ユリ』(16年)などに出演。

またテレビCM『三井のリハウス』、『野村證券』(いずれも18年)に出演するなど、ドラマ、映画、舞台、CMなどで幅広く活躍を続けています。

次ページ:酒井和歌子さんの結婚は?田村正和と噂?