映画『渇き』『ソロモンの偽証』で一躍知名度をあげ、『東京リベンジャーズ』、朝ドラ『おかえりモネ』など多くの映画,ドラマに出演,活躍する俳優の清水尋也(しみずひろや)さん。
清水尋也さんの経歴プロフィールや出身高校・中学・大学など学歴、結婚や熱愛彼女について、本名や父,母,兄,家族について、インスタグラムやブログなど、気になったので調べてみました。

清水尋也さんのプロフィール

名前:清水尋也(しみず ひろや)
本名:不明
出身地:東京都
生年月日:1999年6月9日
年齢:22歳(執筆時)
身長:186cm
血液型:O型
職業:俳優
所属:トヨタオフィス、バイツを経て、2017年11月6日より「オフィス作」所属

家族:兄は俳優の清水尚弥(しみず なおや)さん

趣味・特技:サッカー(8年)、バスケットボール(6年)、楽器(ベース、ギター、ドラム)、読書、ダンス(HIP HOP)、RAP(フリースタイル)

資格:普通自動車免許

経歴

清水尋也さんは、東京都出身、1999年6月9日生まれ、現在22歳です。

4つ年上の兄、俳優の清水尚弥(しみず なおや)さんの主演映画『からっぽ』の試写会で、事務所の人に誘われて演技のレッスンを始めます。

最初は恐る恐るだったものの、楽しく充実した日々であったことから芸能界入りを決意します。

清水尋也さんの所属する「オフィス作」には、松田龍平さんや松田翔太さんが所属しています。






2012年制作の映画『震動』が初出演作となります。

同作は、児童養護施設に暮らす高校生の男女が、音楽によって傷つき、やがて愛を深めていく様を描くドラマ。監督・脚本は平野朝美さん。

埼玉県川口市・SKIPシティにて開催された「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2013」長編コンペティション部門参加作。




同2012年10月期のフジテレビ系テレビドラマ『高校入試』、生徒・沢村翔太役で、ドラマ初出演。

主演は長澤まさみさん。

脚本を、本作がテレビドラマ初執筆となる作家の湊かなえさんが務めました。






過激な描写で話題を呼んだ、中島哲也監督の映画『渇き。』(2014年)で、壮絶ないじめにあうボク役を演じ、注目を集めます。


映画『ソロモンの偽証』(2015年)では、クラスメイトに恐怖を与える不良役を演じます。

『渇き。』と『ソロモンの偽証』は両方ともオーディションで選ばれます。

2つの作品で両極端な役を演じ、脚光を浴びます。






2018年、日本テレビ系テレビドラマ『anone』(あのね)、紙野彦星(かみの ひこぼし)役で、第11回コンフィデンスアワード・ドラマ賞新人賞を受賞。

主演は広瀬すずさん。

脚本を坂元裕二さんが務めます。




同2018年7月期のテレビ東京系テレビドラマ『インベスターZ』でドラマ初主演をつとめます。

本作は「ドラゴン桜」原作者の経済漫画。

清水尋也さんは、主人公の、投資に目覚めた天才高校生・財前孝史を演じます。






2021年公開の劇場アニメ『映画大好きポンポさん』で、主人公・ジーン役を担当。

声優としてもデビューします。




2021年6月、NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』で、朝ドラ初出演となります。

気象予報士で風を読む達人・内田衛(うちだ まもる)役を務めます。






2021年7月、映画『東京リベンジャーズ』 – 半間修二 役






2020年にルイ・ヴィトンの2021年春夏メンズ・コレクションにモデルとして出演、音楽制作にも興味を持つなど、俳優以外の幅広いジャンルで活躍しています。






受賞歴
・2018年度
第11回コンフィデンスアワード・ドラマ賞新人賞(『anone』)

・2019年度
第11回TAMA映画賞最優秀新進男優賞(『ホットギミック ガールミーツボーイ』『パラレルワールド・ラブストーリー』『貞子』)

清水尋也さんの本名は?

清水尋也(しみず ひろや)さんは本名で活動しているのか、芸名なのか調べてみました。

本名か芸名かを明記している記事等もなく、正確な情報は不明でした。


お兄さんで俳優の清水尚弥さんと苗字が同じなので、二人とも本名で活動しているように思ってしまうのですが、実際のところはわかりませんでした。

次ページ:清水尋也さんの出身高校・中学・大学など学歴について&兄・父・母・家族についても!