2020年秋から始まる朝ドラ「おちょやん」でヒロイン・千代(杉咲花さん)の母・栗子を演じる、女優・宮澤エマさん。宮澤喜一元首相の孫であるなどセレブ一家の生まれですが、どんな経歴をお持ちなのか、家族・親・父母・姉や結婚・熱愛彼氏、英語やダイゴさんとの関係についてなど、気になったので調べてみました。

宮澤エマさんのプロフィール

名前:宮澤エマ(みやざわ エマ)
旧芸名:ラフルアー宮澤エマ(Emma Miyazawa La Fleur)
出身地:東京都
生年月日:1988年11月23日
年齢:31歳(執筆時)
身長:156cm
血液型:O型
職業:ミュージカル女優、タレント
所属:プロダクション尾木

趣味:ミュージカル鑑賞

特技:英語、ピアノ

経歴

幼稚園の年少から年長まで、父親の仕事の関係で、アメリカで暮らします。

その後帰国し、森村学園初等部、聖心インターナショナルスクールを卒業。

その後、アメリカ・カリフォルニア州の、オクシデンタル大学で宗教学を専攻。

大学3年のときには、イギリスの名門であるケンブリッジ大学へ留学しています。

子供の頃から歌や芝居が大好きで、歌手に憧れてボイストレーニングなどの勉強を10年以上続けていました。

大学入学後に、一旦距離を置きます。

ケンブリッジ大学留学中に、ビッグバンドのボーカルを歌ったり、音楽に触れる機会が多くあったことで、自分を表現する仕事に就きたい、という強い思いを改めて認識します。

2012年春、オクシデンタル大学卒業後、芸能界入りします。

テレビ初出演は、「ネプリーグ」の「孫タレ」枠に出演。

そこでは、同じ”総理の孫”の立場のDAIGOさんと共演します。

その後、「笑っていいとも!」、「踊る!さんま御殿!!」など、様々なバラエティ番組に多数出演。

”総理の孫”という立場での出演は嫌ではなかったが、これだけでは芸能界では生き残れないと思っていた頃、宮澤エマさんが高校時代に所属していたグリー(合唱)クラブに、宮本亜門さんの弟が所属しており、歌う宮澤エマさんの映像を目にしたことがあった宮本亜門さんから、「ミュージカルのオーディションを受けませんか?」と声がかけられます。

結局、その作品「スウィーニー・トッド」の役には合っていないということで不合格でしたが、2013年、ミュージカル「メリリー・ウィー・ロール・アロング~それでも僕らは前へ進む~」(宮本亜門さん演出・振付)のメアリー役に抜擢され、舞台初出演を果たします。

作品は、「ウエスト・サイド物語」の作詞などで知られる作詞・作曲家のスティーブン・ソンドハイム氏が手掛けた、1981年アメリカブロードウェイ初演のミュージカルです。

ライターのメアリー(宮澤エマさん)の3人を軸に、ショービジネス界に生きる男女の20代から40代までの歩みと明暗を、時間をさかのぼる形でたどります。

その後は、舞台作品への出演を重ねています。

2015年11月16日、自身のブログで、「ラフルアー宮澤エマ」から、「宮澤エマ」への改名を公表します。

女優のほか、ラジオのパーソナリティやバラエティ番組への出演など、幅広い分野で活躍されています。

祖父・父・母など宮澤エマさんの家族構成

祖父の宮澤喜一さんは、元総理大臣。

父・クリストファー・ラフルアーさんは、元外交官で実業家。

母・ラフルアー宮澤啓子さんは、宮澤喜一さんの次女で実業家。

姉・ラフルアー宮澤沙羅さんは、実業家。

と、セレブ一家の宮澤エマさん。

祖父・宮澤喜一さんは、1919年10月8日東京都生まれ。

東京帝国大学(現・東京大学)法学部政治学科卒業。

安倍晋太郎、竹下登らと共に「ニュー・リーダー」と称されたグループの1人となり、1991年、72歳で内閣総理大臣に就任します。

2003年に政界を引退。

2017年6月28日、87歳で亡くなります。

宮澤エマさんは、祖父の宮澤喜一さんとの思い出も語っています。

宮澤元首相は、クラシック音楽ファンだったそうですが、孫の宮澤エマさんは、昭和歌謡が好きなのだそう。

カラオケではちあきなおみや美空ひばりを歌うそうです。

「家では優しいおじいちゃんで、怒られたことがありません。」と、当時のことを話しています。

宮澤エマさんの父・クリストファー・ラフルアー(Cristopher LaFleur)さんは、アメリカ・オベリン大学卒業後、プリンストン大学ウッドロー・ウィルソン・スクールで学び、外交官を務めます。

その後、世界的企業の役員を務めるなど、実業家として活躍されています。

宮澤エマさんの母・宮澤啓子さんは、宮澤喜一さんの次女です。

トラベルジュエリー(普段使いのフェイクジュエリー)を取り扱う、有限会社クラブサーの代表を務めています。

宮澤啓子さんは、慶応大学法学部卒業後、コロンビア大学でMBAを取得。

フランスに留学したのち、ドイツ・ルフトハンザ航空のCAや応報部に勤務。

外資系化粧品会社の広報広告ディレクターや森英恵さんのプレタポルテ販売会社などを経て、1992年に有限会社クラブサーを設立します。

宮澤エマさんの姉・ラフルアー宮澤沙羅さんは、実業家として活躍されています。

ラフルアー宮澤沙羅さんは、ハーバード大学卒業。

世界の戦略コンサルビッグスリーの一つと言われる、ベイン・アンド・カンパニーや、途上国の貧困問題等に取り組むNPOテクノサーブ、プライベートエクイティファンドのスターウッドキャピタルグループなどに務めたのち、2011年4月に、アパレルブランド「エムエムラフルアー(MM.LaFleur)」を、デザイナーの中村美也子さんらとともに設立します。

次ページ:宮澤エマさんの英語や、結婚・熱愛彼氏について!&ダイゴさんとの関係や朝ドラについても!