魅せられてで有名なジュディオングさん。とても若々しく、その美容が話題です。

また版画家としても知られ、大阪や静岡や福島や熊本など各地の版画展も好評です。

そのジュディオングさんの魅せられての衣装の秘密や、夫や家族、身長や年齢などwikiプロフィールについて調べてみました。

ジュディオングさんのプロフィール

本名:翁ジュディ
出生名:翁倩玉
出身地:台湾台北市
生年月日:1950年1月24日
年齢:69歳(執筆時)
身長:153センチ
所属:ワーナーミュージック・ジャパン

ジュディオングさんの生い立ち。家族。若い頃

ジュディオングさんは1950年、出生名「翁倩玉」として台湾・台北市に生まれます。

兄が1人おり、建築家をなさっているそうです。

祖父の翁俊明氏は医師で、中国の辛亥革命の際に活動し、後に初代中華民国大総統・袁世凱をコレラ菌で暗殺しようと目論んだという歴史的人物です。

そして、父親は翁炳榮氏といい、国民党が設立した中国広播公司ラジオ局長で、終戦後はGHQの心理作戦部チーフという役職で日本に赴任しました。

ジュディオングさんはその父に連れられて、2歳の時に日本に移住。

小学校は東京中華学校に入学し、学校で北京語、自宅では家庭教師を付けて英語を学びます。Judyという英語名はその家庭教師につけてもらったみたいですね。

ジュディオングさんは非常に優れた語学の才能があり、母語の台湾語・北京語のほか、広東語、日本語、英語、スペイン語の6ヶ国語を使いこなせるのだそうです。

ジュディオングさんの芸能界入りは早く、9歳のときに劇団ひまわりに入団。

当初父親からは猛反対されますが、学業を全うすることを条件に許しを得、中華学校卒業後もアメリカンスクールで英語を磨き、上智大学でスペイン語を習得します。

ジュディオングさんのデビュー、若い頃

1961年の日米合作映画『大津波』で映画デビュー。

以後も『涙くんさよなら』『帰ってきた狼』などの映画、『S・Hは恋のイニシャル』などのドラマなど、数多くの作品に出演し、女優として人気を博します。

(『涙くんさよなら』より)

歌手としては1966年に日本コロムビアより『星と恋したい』で歌手デビュー。

以後も『たそがれの赤い月』(67年)、CBS・ソニー移籍後の『愛は生命』(73年)など、歌手としてヒット作をリリースし続けます。

70年代に入ると、『おしどり右京捕物車』『必殺からくり人』『江戸を斬るIV』など、多くの時代劇に出演するようになります。

また、台湾など中華圏でも68年の台湾映画『小翠』を皮切りに、数多くの作品に出演。

(『小翠』より)

72年の台湾映画『真假千金(邦題:ニセのお嬢さん)』では、中華圏を代表する映画賞である「金馬奨」の最優秀主演女優賞を、翌73年には台湾映画「愛的天地(愛の大地)」でアジア映画祭特別演技賞を受賞するなど、映画女優として高く評価されます。

次ページ:ジュディオングさんといえば「魅せられて」。その衣装について。結婚、旦那、子供は?