実家や高校は?

桜井ユキさんは、福岡県出身ということですが、ご実家や高校について、調べてみました。

ご実家が、自営業で、接客業をしていると話していますが、詳しい業種などについては、わかりませんでした。

出身の高校も、調べてみましたが、情報はみつかりませんでした。

性格は?

桜井ユキさんは、昔は人が嫌いで、うまく笑えない時期があったと、インタビューで話しています。

―もともと桜井さんはどんな性格だったんですか?

桜井 人が嫌い、人と話すのが苦手、友達も少なくて、上手く笑えなかったですね。本当はそう思っていなくても、ただこの場ではこうしておいたほうがいいなと、表面的な世界で生きていて、心は暗かったです。自分が嫌いっていうんですかね、今となれば何が楽しくて生きていたのかわかんないですね。

―学生時代に恋愛などはなかったんですか?

桜井 恋愛とかに対しても、高校時代とかは相手に対して素直になるとかできなかったんですよね。なんか息苦しい恋愛でしたね。若かったので恋愛というもの自体は楽しいんですけどね。

と話していますが、お芝居を通じて、変わっていったといいます。

「演技のワークショップでは心を無茶苦茶にされた」

「感情を表に出すことがどんどん楽になっていって、体から鱗がポロポロと取れるような感覚を得た。プライベート面でもお芝居の経験が助けてくれて、お芝居を通して、人間としても新たに生まれ変わることが出来た」

と、話しています。

熱愛彼氏や結婚は?

桜井ユキさんは、現在33歳ですが、彼氏がいるのか、結婚はしているのか、など調べてみましたが、週刊誌にスクープされているなどの情報は見つかりませんでした。

桜井ユキさんは、2018年10月に、「ボクらの時代」に出演された際、「少年のままでいられる人が好き」と話していたそうです。

他のインタビューでは、自分にないものをもっている男性が好きだとも話しています。

恋愛のタイプなど、はっきりとしたイメージを持たれているようです。

似ている?

桜井ユキさんは、”似ている”と検索されています。

調べてみると、女優の市川実和子さんにとても似ているという声が多数上がっています。

確かに、顔も雰囲気もとてもよく似ていますね(^^)

新ドラマ

桜井ユキさんは、2020年4月からスタートの、フジテレビドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」で、刈谷奈緒子 役を務めます。

本作は、荒井ママレさんのマンガを原作に、病院内にある薬剤部で薬の調剤、製剤を行う“病院薬剤師”たちの知られざる舞台裏を描く医療ドラマです。

タイトルにある形容詞の“アンサング(unsung)”とは「褒められない」という意味。

医師のように頼られず、看護師のように親しまれなくても、“縁の下の力持ち(=アンサングヒーロー)”として患者のために奮闘する病院薬剤師たちのヒューマンドラマが描かれます。

主人公の石原さとみさんは、キャリア8年目でお団子ヘアがチャームポイントの葵みどり役を演じます。

脚本は「グランメゾン東京」の黒岩勉さん、演出は、「コンフィデンスマンJP」の田中亮さんが担当します。

桜井ユキさん演じる刈谷奈緒子は、原作では、「ベテランの薬剤師。以前は調剤薬局で店長をしていた。生真面目な性格で整理整頓を徹底しており、薬剤部で管理する余剰在庫を最小限に抑え、経費削減の成果を収めている。”鉄の女”の異名を持つ。」というキャラクターです。

桜井ユキさんは、ドラマ出演について、

刈谷の“とがっている部分”や筋が通っているキャラクターは、原作の刈谷像と通じる部分がありました。すごく人間味がありますし、思いやりのある人物だと思っています。

(役柄については)撮影が始まれば自然に仕上がっていくと思っているので、現時点で「こうしよう、ああしよう」とは考えていません。ただ、原作と台本で描かれている刈谷の仕事に対する一本筋の通った姿勢は自分の中で意識して演じていこうと思います。

と意気込みをコメントしています。

桜井ユキさん、新ドラマ「アンサング・シンデレラ」では、どんな演技やストーリーが観られるのか、楽しみですね(^^)。

2020年も、活躍がますます楽しみです!

以上、桜井ユキさんについて、でした!

同じく「アンサング・シンデレラ」出演の金澤美穂さんについてはこちら