仙道敦子さんの今現在も昔の若い頃と変わらず美人と評判です。『この世界の片隅に』での復帰、徹子の部屋、なつぞら出演、子供(息子)陸王出演などが話題になりました。

その仙道敦子さんについて、旦那や子供など家族、年齢、身長、高校大学、経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

仙道敦子さんのプロフィール

名前:仙道敦子(せんどう のぶこ)
本名:緒形敦子
出身地:愛知県名古屋市
生年月日:1969年9月28日
年齢:49歳(執筆時)
身長:160cm
血液型:B型
学歴:東京都立代々木高等学校卒業
職業:女優
所属事務所:研音

仙道敦子さんのデビュー~若い頃

仙道敦子さんは1969年愛知県名古屋市生まれ。

小学生時代に児童劇団ひまわりに所属し、1980年のドラマ『大江戸捜査網』に出演。

翌81年のドラマ『判決-生きる』でレギュラー出演を果たします。

当時から名子役としての評価が高く、その後もドラマ、映画、CMへ多く出演。

(84年サントリーCM『サスケ』より)

(86年『セーラー服反逆同盟』より。主演)

綺麗な瞳が印象的です。当時からずば抜けた存在感を持っていたことがよく分かります。

映画では、遡って82年『鬼龍院花子の生涯』、83年『白蛇抄』などの大作、話題作に相次いで出演。

(『鬼龍院花子の生涯』より)

(『白蛇抄』より)

『白蛇抄』出演により84年日本アカデミー賞新人俳優賞、熊本映画祭新人女優賞を受賞。

また、歌手活動も並行して行い、84年、15歳のときにシングル『青いSunset』でデビュー。以後、複数のシングル、アルバムをリリース。

90年代には、『ホットドッグ』、『クリスマス・イブ』、『卒業』、『あの日の僕をさがして』、『徹底的に愛は…』などのTBSの連続ドラマに多数主演、準主演します。

(90年『クリスマス・イブ』より)

吉田栄作さんについて

このドラマの視聴率は当初は10~15%ほどでしたが、回を重ねるにつれ上昇していき、最終回は20%を超えるヒット作となりました。

さらに、辛島美登里さんによる主題歌『サイレント・イヴ』がオリコン1位を記録し、80万枚を売り上げ、以後クリスマスソングの定番曲の1つとなりました。

仙道敦子さんの結婚~現在

1993年に俳優の緒形直人さんと結婚。その後2男1女に恵まれますが、以後、芸能活動はほぼ休止状態に入ります(94年、95年にドラマ出演、03年のナレーションなど)。

家事育児に専念なさっていたのでしょうか、ほとんど表舞台に姿をあらわすことはありませんでした。

しかし、近年、高校時代からの親友である女優・歌手の中村由真さんのブログに2ショット写真が掲載されたりなどで、変わらぬ美貌が話題になりました。

そして2018年7月のTBS連続ドラマ『この世界の片隅に』で主人公・すずの母親役を演じ、23年ぶりのドラマ復帰を果たしたことが大きな話題となりました。

2019年度前期のNHK連続テレビ小説『なつぞら』に出演。83年の『おしん』以来36年ぶりの朝ドラ復帰となりました。

次ページ:仙道敦子さんの旦那は緒形直人さん!結婚馴れ初め、子供は陸王に!