清野菜名さん,坂口健太郎さん共演のTBSドラマ『婚姻届に判を押しただけなのに』に出演中の女優・小林涼子さん。『ニコラ』モデルを経て女優として多くのドラマ,映画,cmに出演,活躍しています。小林涼子さんの経歴,プロフィール,学歴、結婚,熱愛彼氏について、インスタグラム,Twitter,YouTube、現在の出演情報についてなど、気になったので調べてみました。

小林涼子さんのプロフィール

名前:小林涼子(こばやし りょうこ)
本名:同上
出身地:東京都世田谷区
生年月日:1989年11月8日
年齢:31歳(執筆時)
身長:160cm/体重:40kg/23.5cm
学歴:堀越高等学校卒業(2008年)
血液型:O型
職業:女優、ファッションモデル
所属:ステッカー

趣味:スキューバダイビング、クラシックバレエ、ヨガ、吹きガラス、ピラティス、パンシェルジュ3級
特技:ワイヤーアクション、英会話韓国語

経歴

小林涼子さんは、1989年11月8日、東京都に生まれます。

4歳の時に、子役としてデビュー。

クラシックバレエに打ち込んでいた時期もありましたが、怪我で断念します。

2003年頃、14歳の時からローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』(新潮社)の専属モデルとして活動。

2004年、トミー(現タカラトミー)のガールズトイのイメージキャラに選ばれます。



同2004年放送のテレビドラマ『一番大切な人は誰ですか?』(日本テレビ)でヒロイン・宮沢りえさんの娘役を演じ、脚光を浴びます。



2005年7月公開の、本郷奏多さん、多部未華子さんが出演する映画『HINOKIO』で、 高坂スミレ役を演じ、映画初出演となります。



2005年12月、乙一の短編小説が原作の映画『ZOO』で映画初出演を果たします。



2007年、テレビドラマ『砂時計』(TBS系『愛の劇場』枠:毎週月-金曜の13:00-13:30)で、ドラマ初出演。主人公の中高生時代を演じます。

両親の離婚を機に母の実家がある島根に引っ越してきた主人公・杏と、次第に惹かれ合うようになっていく同級生の大悟との14年に及ぶ恋愛模様を描いた本作で、小林涼子さんは杏の中高生時代を演じました。

大悟の中高生時代を演じた佐野和真さんとの淡い恋心と微妙なすれ違いの物語が視聴者の共感を呼び、新たな代表作となります。



2008年2月18日に堀越高等学校を卒業。



2008年7月期のTBS系金曜ドラマ『魔王』(大野智さんと生田斗真さんのダブル主演)で、サイコメトリーの能力を持つヒロイン・咲田しおり役を演じて注目を集めます。

同年、TV Navi「読者が選ぶ“ドラマ・オブ・ザ・イヤー2008”」、日刊スポーツ「第12回ドラマグランプリ」、共に助演女優賞で1位を獲得します。


2009年4月、ブレンデンからヒラタオフィスに移籍。

2016年、ヒラタオフィスを契約満了により退社後、フリーランスを経て、2017年2月よりステッカーに所属。



2019年、俳優の水谷豊さん監督・脚本・出演を務める映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』でヒロイン役を演じます。

ヒロイン役は水谷豊さんからの指名だったそうです。



2019年4月、倉本聰脚本のドラマ『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日)に出演。

室井小夜子(小夜子先生)役を演じます。



2020年4月、YouTubeチャンネル「小林涼子Official Channel」を開始。



2021年9月、ドコモ 新CM iPhone 13「新しい映像体験」篇に出演中。

次ページ:小林涼子さんの結婚や熱愛彼氏は?&現在のドラマ出演、インスタグラムについても!