透明感溢れる歌声が魅力的は歌手・アン・サリーさん。病院に勤める内科医としての顔も持っています。アン・サリーさんの経歴や大学,結婚,夫,旦那,子供について,紅白出場や朝ドラ「おかえりモネ」劇中歌、自宅は飯能という噂についてなど、気になったので調べてみました。

アン・サリーさんのプロフィール

名前:アン・サリー(Ann Sally)
本名:安 佐里(旧姓)
出身地:愛知県名古屋市
生年月日:1972年8月17日
年齢:48歳(執筆時)
職業:医師、シンガーソングライター

経歴

アン・サリーさんは、1972年8月17日、愛知県名古屋市に、4人兄妹の一番上として生まれます。

父親も医師で、アン・サリーさんは在日コリアン3世とのことです。


幼少時からピアノを習い、音楽に親しみます。

大学時代よりバンドで本格的に歌い始め、卒業後も内科医師として働きながらライヴを重ねます。

2001年、29歳のとき、「Voyage」 でアルバムデビュー。



2002年から3年間、ニューオリンズに医学研究のため暮らしながら、音楽活動を並行して続けます。

2003年、「蘇州夜曲」など古典的な歌謡曲や、細野晴臣、吉田美奈子等、邦楽カヴァーにも挑戦し、幅広い音楽層の楽曲を収録したアルバム「day dream」「moon dance」を発表。

帰国後は医師としての勤務の傍ら日本全国でライヴ活動を行い、2児の母となった2007年には「こころうた」を発表。

2008年11月に、書き下ろしオリジナル曲「時間旅行」(ニンテンドー3DS「レイトン教授と最後の時間旅行」テーマソング)を発表。

時代やジャンルの枠を超えた、柔らかくも情感あふれる歌唱と、そのナチュラルなライフスタイルは幅広く支持されています。

紅白

アン・サリーさんは、2009年、第60回NHK紅白歌合戦に出場しています。

紅白出場歌手の全員がリレーでうたった紅白応援歌「歌の力」の最初の導入部を担当しました。

「歌の力」は、久石譲さんが作曲・編曲を担当しています。

大学

アン・サリーさんは、大学進学時には、音楽か医学の道に進むか迷ったのだそうです。

父親の「どちらもやっていけばいい。医者は医学部に行かないとなれないから、とりあえず選択肢は増やしておいたほうがいい」というアドバイスで、医学部に進学することを決めたのだそうです。

そして高校卒業後、18歳のとき、名古屋市から上京。医学部で学びます。



アン・サリーさんの出身大学を調べたところ、東京女子医科大学だということがわかりました。

東京女子医科大学のホームページに、アン・サリーさんが卒業生として、2015年3月に紹介されていました。



アン・サリーさんは、父親の親しい医師のお子さんが同大学へ通っていると聞いて、東京女子医科大学を目指すことにしたのだそうです。

大学では、ワンダーフォーゲル部に所属し、よく歌いながら山登りをしたそうです。


卒業後、研修医として女子医大付属第二病院(現在・東医療センター)に勤務。

3年目に循環器内科の医師を目指して都内の他の病院へ移ります。



歌は、大学ではブルースやソウルを演奏するサークルに入り、ライブハウスなどで歌っていました。

医師になってからは、家でCDをかけて歌ったり、病院の部屋の端でこっそり歌っていたこともあったそうです。

たまたま歌っていたライブハウスに来ていたプロデューサーが、アン・サリーさんの唄に耳をとめ、2001年、29歳のとき、アルバム「voyage」でデビューとなります。


次ページ:アン・サリーさんの結婚・夫・子供について&自宅は飯能という噂や、朝ドラ『おかえりモネ』劇中歌についても!