森光子さんといえば、放浪記、おもろい女、雪まろげなどで知られる大女優で、そのでんぐり返しは語り草になっています。

また、ジャニーズ、特に東山紀之さんとの関係や、死因、遺産などにも関心が集まっているみたいですね。

その森光子さんについて、亡くなった年齢や身長、学歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

森光子さんのプロフィール

名前:森光子(もり みつこ)
本名:村上美津(むらかみ みつ)
出身地:京都府京都市
生年月日:1920年5月9日
没年月日:2012年11月10日
没年齢:92歳
身長:153cm
血液型:B型
学歴:京都府立第一高等女学校中退
職業:女優

森光子さんの死因は?

森光子さんは2012年11月10日に、肺炎による心不全のため亡くなりました。92歳でした。

森光子さんは『放浪記』で87歳まででんぐり返しを披露し、2009年の89歳の誕生日には『放浪記』上演2000回を達成するなど、80代に入り、90歳を目前にしても年齢を感じさせない、超人的な仕事ぶりで知られていました。

しかし、90歳を目前にした2010年2月の公演前の定期検査で、体力を不安視する主治医の勧めにより、同年5月から帝国劇場で上演予定の『放浪記』の中止をついに決定。

以後、舞台の仕事は控え、自宅静養に入るものの、メディアの取材には精力的に応じ、また大ファンであるジャニーズの公演には足繁く通うなど、表舞台から引き下がった後も健在ぶりを示していました。

しかし、2011年に入ってから体調が悪化。嚥下障害もあり、同年から順天堂大学病院に入退院を繰り返すようになります。

2011年2月には誤嚥性肺炎を発症し、4月には胃ろう手術を受け、経腸で栄養補給を受けなければならない状態にまで衰弱が進行。

2011年9月に再入院したのが最後の入院となり、以後病院での治療に専念。

以後、2011年11月に東山紀之さん・木村佳乃さん夫妻に子供が生まれた際にコメントするなど、わずかな機会を除いてはメディアに出ることはなくなります。

そして、体調が回復することなく、2012年11月10日に肺炎による心不全のため92歳で逝去します。

遺族からの公表はその4日後の11月14日でしたが、それまで逝去後であるにもかかわらず「復帰間近」と報じられたり、また亡くなる直前には「健在である」と報道されたりなど、混乱があったみたいですね。

ある週刊誌では、見舞客や病院関係者による、「入院中も体調の良いときはスクワットを150回行う」とか、「自力歩行しダンスをしている」とか、「現場復帰への意欲を見せている」といった証言が報じられていたみたいです。

一方では、最後の方では認知症のような症状が出ていて、12年9月ごろには体調が急変し、重篤になっていたとする報道もあり、こちらが実情に近かったのではないか、とも言われているようです。

実際にはアルツハイマーではなかったものの、筋肉が極端に衰えていて、手も口もほとんど動かせない状態だったとも言われています。

ですので、コミュニケーションを取るのが難しい状態にはなっていたのかもしれません。

森光子さんが入院していたとされる順天堂大学病院の特別病室は、政治家や大物芸能人などのVIPが多く利用し、設備や眺望はもちろん、警備も特別なものなのだそうです。

警備保障会社の警備員が常駐し、2重3重に徹底したセキュリティ管理がなされており、外部に情報が漏れるということはほとんどないのだとか。それがこのような報道の混乱を招いたのかもしれません。

それでも、森光子さんの病室には『放浪記』などの台本が持ち込まれていて、時折そのセリフを口にすることがあったといいます。気持ちだけはいつも舞台に復帰するつもりでいたのでしょうね。

そんな森光子さんが、亡くなる前に遺した言葉は

「みなさん、一生懸命される仕事を生きてね」

だったといいます。まさに「生涯女優」を貫いた一生だったのですね。

写真家の篠山紀信さんは

「その生き方は全女優がそうありたいと思う鏡だったのではないか」

とコメントしています。多くの女優が理想とする生き方だったのかもしれませんね。

森光子さんが亡くなった後も、2015年には藤山直美さんによって『おもろい女』が、仲間由紀恵さんによって『放浪記』が、2016年には高畑淳子さんによって『雪まろげ』が復活上演されるなど、森光子さんの精神、遺産は確実に受け継がれています。

次ページ:森光子さんと東山紀之さんの関係は?遺産がスゴいことに…