千昌夫さんの現在

千昌夫さんはバブル破綻後の1991年3月に『おやじ先生』をリリースし、歌手活動を本格的に再開。

以後、「星影のワルツ」「北国の春」「望郷酒場」ほどのヒット曲は出ていませんが、90年代、00年代、10年代と、コンスタントにシングルをリリース。

2011年3月11日、自身の出身地・陸前高田市も被災した東日本大震災に対して、ジャッキー・チェンさんが発起人となった香港でのチャリティーイベントに参加。このイベントでは義捐金2億9000万円が集まりました。

また同年末の紅白歌合戦には「北国の春」(6回目)で22年ぶりの出場を果たしています(累計16回)。

近年も、2011年に新曲『いっぽんの松』、2014年に『長持祝い唄』、2016年に『古希祝い』をリリースするほか、これまでの楽曲を『全曲集』として毎年のようにリリース。

また、同郷の新沼謙治さんとのジョイントコンサートをはじめ、故郷の岩手県を中心に各地でコンサートやディナーショーを催すなど、精力的に歌手活動を続けています。

千昌夫さんの結婚歴は2回。最初の妻はジョーン・シェパードさん

千昌夫さんには2度の結婚歴があります。

最初の結婚は1972年、相手はアメリカ人歌手のジョーン・シェパードさんです。

ジョーン・シェパードさんは1944年生まれで、千昌夫さんの3歳年上です。

当初はグレン・ミラー・オーケストラの専属歌手を務めるなど、アメリカを拠点に活動していましたが、1971年リリースの『サマー・クリエイション』が化粧品CMソングに使用され、日本で大ヒット。

以後、日本語で歌った『白い想い出』がヒット、また78~81年まで『新婚さんいらっしゃい!』のアシスタントを務めるなど、日本で人気を博します。

夫婦でいすゞ自動車や象印マホービンのTVCMに出演するなど、おしどり夫婦として知られていましたが、千昌夫さんの女性関係のため、1988年に離婚。2人の間に子供はいませんでした。

離婚後、ジョーン・シェパードさんは日本を離れ、現在はハワイ在住とのことです。

次ページ:千昌夫さんの現在の妻アマンダさんが超美人!子供は4人!娘は美人モデル!息子は白血病?