2022年1月のドラマ『私の正しいお兄ちゃん』『ミステリと言う勿れ』に出演する女優・佐津川愛美さん。2022年春スタートの朝ドラ『ちむどんどん』出演決定など多くのドラマ,映画に出演し注目を集めています。佐津川愛美さんの昔~今現在の経歴、高校,学歴、結婚,旦那,熱愛彼氏はいるのか、千葉雄大さんとの関係や新体操、インスタグラムについてなど、気になったので調べてみました。

佐津川愛美さんのプロフィール

名前:佐津川愛美(さつかわ あいみ)
愛称:さっつん
出身地:静岡県静岡市葵区
生年月日:1988年8月20日
年齢:33歳(執筆時)
身長:152cm
血液型:O型
職業:女優
所属:ホリプロ

家族:4人きょうだいの3番目。兄が二人、妹が一人いる。一番上の兄がMr.Childrenが好き

特技:新体操

佐津川愛美さんの経歴

14歳の時に、新宿でスカウトを受けたことがきっかけで芸能界入り。

2004年の高校入学と同時に上京します。

2004年ドラマ『ほんとにあった怖い話』(フジテレビ系)で女優デビュー。



翌2005年、藤沢周平の長編時代小説が原作の映画『蝉しぐれ』で映画デビュー。

木村佳乃さん演じるふくの子供時代を演じ、ブルーリボン賞助演女優賞にノミネートされます。

佐津川愛美さんは、芸能界には軽い気持ちで入ったこともあり、ドラマや映画など様々なオーディションを受けながらもどこか他人事のように感じ、時には「隣の人が受かればいいのに」などと思っていたこともあったといいます。

しかし、映画『蟬しぐれ』に出演し、完成した映画を見てプロの仕事というものを感じ、役者として真剣に芝居に向き合う覚悟をもったといい、本作が転機になったことを語っています。



2007年、本谷有希子さんの小説が原作、佐藤江梨子さん主演の映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』では、それまでの清楚なイメージを壊す個性的でインパクトのある暗い少女を演じ、第50回ブルーリボン賞の助演女優賞と新人賞の2部門にノミネートされます。



2016年公開、森田剛さん主演の映画『ヒメアノ〜ル』に出演。

同作は『ヒミズ』や『行け!稲中卓球部』などの有名作品を描いてきた古谷実さんの同名コミックが原作。

バイオレンスを含む過激な描写で映像化が困難だと思われていた原作を映画化した作品です。

佐津川愛美さんは、職場の先輩に思いを寄せるカフェ店員・ユカを演じて、俳優・濱田岳さんとのラブシーンを披露します。



カメラ
また、自身の個展を開催するほどのカメラ好きで、2012年に「佐津川愛美の個展#1」として、自身初の個展を開催します。



女優業以外に、短編映画やミュージックビデオの監督も務めています。

監督作品に、

・YouTubeのドラマチャンネル「僕等の物語」の新作「真夏のレオの大冒険(仮)」(2020年)


・ニノミヤユイ「つらぬいて憂鬱」のミュージックビデオ(2020年)

などがあります。



また、2021年9月には、幻冬舎plusで、【いつまで自分でせいいっぱい?】という連載がスタートしています。
https://www.gentosha.jp/article/19258/

自分と向き合ったり向き合えなかったり、ここまで頑張って生きてきた。30歳を過ぎてだいぶ楽にはなったけど、いまだに自分との付き合い方に悩む日もある。なるべく自分に優しくと思い始めた、役者、独身、女、一人が好き、でも人も好きな、33歳のリアルな日常を綴ります。



2022年1月、ドラマ『私の正しいお兄ちゃん』(フジテレビ系)や、累計発行部数1300万部突破の人気コミックが原作、菅田将暉さん主演のドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系月9)に出演。



女優、監督、執筆活動など多方面で活躍しています。

佐津川愛美さんの学歴・高校

佐津川愛美さんの出身高校は、『日出高校』です。

2007年3月に、自身の公式ブログにて、高校を卒業したことを報告していたようです(現在そのブログは閉鎖しているようで、見ることはできませんでした。)。

その際、高校卒業後は大学進学はせず、女優業に専念するとも綴っていたそうです。

日出高校は、多くの芸能人が卒業している学校として知られていますが、同日卒業した同級生には、新垣結衣さん、多部未華子さんもいたそうです。

次ページ:佐津川愛美さんの結婚や旦那、熱愛彼氏は?&千葉雄大さんとの関係についても!