夏木マリさんの旦那は斎藤ノヴ(斎藤ノブ)さん!子供は?

夏木マリさんは、2006年にバンド「GIBIER du MARIE」(ジビエ・ドゥ・マリー)を結成し、2007年に同バンドのパーカッショニスト・斎藤ノヴ(斎藤ノブ)さんと交際中であることを発表。

斎藤ノヴ(斎藤ノブ)さんのプロフィール

本名:斉藤信男(さいとう のぶお)
出身地:京都府
生年月日:1950年11月6日
年齢:67歳(執筆時)
職業:パーカッショニスト

斎藤ノヴ(斎藤ノブ)さんは1950年生まれの京都府出身。

1967年に上京し、作曲科の浜口庫之助さんに師事し、下田逸郎さんとのデュオ「シモンサイ」結成を経て、70年代からはスタジオミュージシャンとして、松任谷由実さんや松崎しげるさん、サザンオールスターズ、中島みゆきさん、吉田拓郎さんなど、数多くの一流アーティストのレコーディング、コンサートに参加。

現在に至るまで、日本を代表するパーカッショニストの1人として、第一線で活躍を続けています。

夏木マリさんは、斎藤ノヴ(斎藤ノブ)さんとの交際発表時には、事実婚の関係であることを明かし、籍にこだわらないフランスやイタリアを引き合いに出し、「フランス婚」「ユーロ婚」と表現。

バンド結成時で50代半ばを迎えつつあった夏木マリさんは、一時は結婚を諦めていたそうですが、斎藤ノヴ(斎藤ノブ)さんとの出会いが「うれしい誤算」となり、交際を経て事実婚の関係に至ります。

そして、2011年5月には入籍し、正式な夫婦となります。

夏木マリさんと旦那・斎藤ノヴ(斎藤ノブ)さんが入籍した理由。現在もおしどり夫婦!

当初は籍にはこだわらなかった夏木マリさんでしたが、斎藤ノヴ(斎藤ノブ)さんと一緒に暮らすうちに家族づきあいも増えたことから、きちんと籍を入れた方がいいと思うようになり、自分から提案したのだそうです。

また、2011年3月11日の東日本大震災の影響もあったといいます。家族の絆など、いろいろ思うところがあったのでしょうね。

夫婦仲は非常に良好で、最近でも、2016年2月には、自身のインスタに斎藤ノヴ(斎藤ノブ)さんとのキス写真をアップしたことが大きな話題になりました。

夏木マリさんは夫の斎藤ノヴ(斎藤ノブ)さんのことを非常に敬愛しており、2017年2月4日放送の『サワコの朝』出演時には、

(夫は)器の大きい優しい人で、優しく接してくれるので自分も優しくなって人の話しを聞けるようになった

人生後半に誰かと一緒に暮らしているのは良いことだと思う

と述べています。

年齢のこともあり、お子さんはいらっしゃらないようですが、その分、恋人同士のように仲の良いカップルのようで、お互いに強くリスペクトし合う、理想的な夫婦関係を築き上げていることがうかがえますよね。

次ページ:夏木マリさんのハーフ説の真相は?外国人の血が入っている可能性は濃厚!