加藤貴子さんの旦那がかわいそう!?

加藤貴子さんの旦那さんについて、「かわいそう」という声があったようです。

どうやら、これは加藤貴子さんの長年に渡る不妊との闘いに関係することのようです。

交際を始めた当初から子供が欲しかったという加藤貴子さん、結婚前から妊活のようなことを始めていたのだそうです。

しかし、8年もの間、不妊に苦しみ続け、3度の稽留流産を経験するなど、つらい時期が続きます。

加藤貴子さんは、当初不妊は自分に原因があると考えており、自分自身をずっと責め続けていたといいます。

しかし、実際には、不妊の原因は旦那さんの側、つまり「男性不妊」であることが判明したのでした。

医師の説明では、旦那さんには精子が一般男性の10%しかなく、しかも運動率も5%という状態だったのだそうです。

さらに、加藤貴子さんの年齢も考えると、「顕微授精」でしか妊娠する可能性はない、と言われたのだそうです。

しかし、医師の生活習慣改善の指導に従い、旦那さんとともに、

45分間のウォーキング
規則正しい生活
食事のとり方の工夫
お酒を飲んだら3日空ける(旦那のみ)

などを実践した結果、自然妊娠できるくらいまでに精子の状態が改善したのだそうです。

なお、加藤貴子さんが通っていたクリニックは、東京都調布市にある京王線国領駅から徒歩1分のところにある、

ウィメンズクリニック神野

とのことです。口コミはこちら

加藤貴子さんの子供の名前は?ダウン症の恐れ?

そして、ついに2014年11月7日、44歳のときに体外受精により第一子となる男児を出産。

さらに、2017年8月22日、46歳10ヶ月にして第二子となる男児を帝王切開で出産。

現在は2男の母親となっています。

長男の妊娠の際には、3ヶ月の頃に胎児の首の後ろに腫瘍が見つかり、鼻骨も形成されておらず、20%くらいの確率でダウン症などの障害を持って生まれてくる可能性があったのだそうです。

しかし、検査の結果は陰性で、実際に無事、健康な男児を出産することができました。

なお、子供の名前ですが、アメブロ内では長男を「サクボン」、次男を「アントン」と呼んでいます。

ちょっと変わった呼び名ですね。本名をもじった愛称でしょうが、元の名前の見当がつきにくいですね。「朔太郎」とか「安吾」とかでしょうか?昔の文豪みたいですが。

追記:どうやら出産後に、次男は「アン」と名付けたことを公表していたみたいですね。ということは、長男も素直に「サク」である可能性がありますね。

それにしても、不妊を乗り越えて、しかも44歳、46歳という高齢で元気な赤ちゃんを出産するというのは、本当に奇跡的なことだと思います。

アメブロのコメント欄をのぞいてみても、加藤貴子さんの行動や発信が、同じ悩みや苦しみを持つ多くの人たちにとって、大きな励みになっていることがわかります。

これから親になろうと考えている人にとっては、他人事ではなく、誰にでも起こりうることですので、今後も加藤貴子さんの情報発信が非常に重みを持つことは間違いないでしょうね。

以上、加藤貴子さんについてでした。最後までお読み頂きありがとうございました。