歌舞伎役者で俳優の中村獅童さんが徹子の部屋に出演。

歴史にドキリや初音ミク、龍が如く維新などが話題になりましたよね。

その中村獅童さんの父親や母親、前妻の竹内結子さんとのことや、再婚した嫁の足立沙織さんのこと、また子供のこと、さらに本名や身長などwikiプロフィールについて興味があったので調べてみました。

中村獅童さんのプロフィール

名前:中村獅童(なかむら・しどう)
本名:小川幹弘(おがわ・みきひろ)
出身地:東京都
生年月日:1972年9月14日
身長:177センチ
学歴:日本大学藝術学部演劇学科中退
所属:中村獅童事務所

中村獅童さんの父親

中村獅童さんの父親は初代・中村獅童で、本名を小川三喜雄さんといいます。

父親の初代中村獅童は、歌舞伎役者・三代目中村時蔵の三男として1929年に生まれます。

当初は中村獅童を名乗る歌舞伎役者でしたが、先輩から弟である萬屋錦之介さんと中村嘉葎雄さんの芸をなじられたのに腹を立て、歌舞伎役者を辞めてしまったそうです。

このことが、後々まで禍根を残すことになります。

父親・小川三喜雄さんはその後、銀行員として就職し、さらに東映プロデューサーに転職、二人の弟をバックアップします。

さらに、長男である小川幹弘さんが歌舞伎役者になると、自らの旧名跡・二代目中村獅童を襲名させます。

そして、東映を退職した後は、有限会社中村獅童事務所を設立し、会長に就任。

2008年10月11日に、胃がんのため79歳で亡くなりました。

なお、中村獅童事務所の社長には、次に述べる中村獅童さんの母親・小川陽子さんが就任し、中村獅童さんの芸能活動を全面的にバックアップしました。

中村獅童さんの母親・小川陽子さんについては次のページで!