宮沢氷魚さんってとてもかっこよくないですか?高身長でイケメン、さすがメンズノンノ専属モデルです。髪や目の色も気になります。

俳優としても、コウノドリ、僕の初恋をキミに捧ぐ、偽装不倫などで知られ、インスタ、母のこと、父にそっくりなことなども話題のようです。

その宮沢氷魚さんについて、年齢、身長、高校大学、経歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

宮沢氷魚さんのプロフィール

名前:宮沢氷魚(みやざわ ひお)
本名:同じ
出生地:米国カリフォルニア州サンフランシスコ
出身地:東京都
生年月日:1994年4月24日
年齢:25歳(執筆時)
身長:184cm
血液型:不明(公式)
学歴:国際基督教大学卒業
職業:モデル、俳優
所属事務所:レプロエンタテインメント

宮沢氷魚さんの生い立ち、経歴、名前の読みと由来。英語

宮沢氷魚さんは1994年アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。

父親はTHE BOOMのボーカル・宮沢和史さん、母親はタレントの光岡ディオンさんで、弟と妹が1人ずついます。

母親は日米ハーフなので、宮沢氷魚さんはクオーターということになりますね。

氷魚と書いて「ひお」と読みます。一風変わった名前ですが、琵琶湖に、どんな環境の変化でも生きていける氷魚(ひうお)という鮎の稚魚がいるのだそうです。

その氷魚にちなんで「どんなプレッシャーや環境の変化にも対応できて突き進んでいけるように」という願いを込めて付けられたのが、この名前なのだといいます。

父親の宮沢和史さんは大の釣り好きで知られており、氷魚に特別な思い入れあったのでしょうね。

流行り廃りの波が大きく、生き残るだけでも大変な芸能界で、長年第一線で活躍を続けてきたご両親らしい名付けと言えます。実際、宮沢氷魚さんもそんなご両親のことをとても尊敬しているようです。

子供の頃の宮沢氷魚さんです。かわいらしいですね。髪の毛の色がかなり明るいです。

宮沢氷魚さんの生まれはアメリカですが、育ちは東京で、幼稚園から高校までをインターナショナルスクールで過ごします。

そのため英語がとても上手で、本人いわく、「どちらかというと英語のほうが得意」なのだとか。

また、スポーツ万能で、陸上やサッカー、クロスカントリーなど様々なスポーツをこなしますが、とりわけ野球は幼少期から15年以上やっており、非常に得意だったものの、大学生のときに肩を壊してしまい、それがきっかけで辞めてしまったのだそうです。

宮沢氷魚さんの芸能界デビュー、メンズノンノ専属~現在

高校卒業後はアメリカ・カリフォルニア大学サンタクルーズ校へ進学し、その後国際基督教大学に編入、2017年3月に卒業。

宮沢氷魚さんは、物心ついた時から超多忙で家にあまりいない両親を見ていたこともあり、当初は芸能界に興味がなかったのだそうです。

ところが、15、6歳ごろに父親のライブを観て、その仕事の素晴らしさに気づき、芸能界に興味を持つようになったといいます。

そして、アメリカ留学中にレプロエンタテインメントに自ら履歴書を送り、2015年6月より同事務所に所属。芸能界への切符を手にします。

同年の『MEN’S NON-NO』専属モデルオーディションでグランプリを獲得し、2015年9月発売の同誌10月号で専属モデルデビューを果たします。

メンズノンノデビュー後は、『おとなの基礎英語』(15年)、JR東日本 JR SKISKIのテレビCM「冬が胸にきた。」篇(16-17年)などに出演。

2017年10月期のドラマ『コウノドリ』にレギュラー出演し、俳優デビューを果たします。

以後も、2018年6月のNHK BSプレミアムの単発ドラマ『R134/湘南の約束』でドラマ初主演し、さらに同年7月の舞台『BOAT』で初舞台にして初主演。

2019年に入っても、1月期のドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』にレギュラー出演し、7月期のドラマ『偽装不倫』で杏さん演じる主人公の相手役を務めるなど、メンズノンノ専属モデルと並行して、俳優としても着実にキャリアを重ねています。

次ページ:宮沢氷魚さんの父は宮沢和史さんで母は光岡ディオンさん!きょうだいは弟と妹!