新田真剣佑さんの弟・眞栄田郷敦さん

新田真剣佑さんの弟はモデルの眞栄田郷敦さんです。

眞栄田郷敦さんは1999年生まれ。

2016年に父親の千葉真一さんと母親の玉美さんが離婚した後、母親に引き取られて岡山の明誠学院高等学校に通います。

在学中は吹奏楽部部長でアルトサックスを担当し、『全日本吹奏楽コンクール』で銅賞を受賞。

高校卒業後の2018年10月に、福岡県で開催されたファッションショー「TGC KITAKYUSHU 2018 by TOKYO GIRLS COLLECTION」(「TGC北九州2018」)に出演し、モデルデビューを果たします。

なお、眞栄田郷敦さんの身長は180cmなのだそうです。兄と父(いずれも176cm)よりも長身なのですね。

眞栄田郷敦さんは2018年10月より映画の撮影に参加し、来年公開の映画で準主役を演じる予定とのことです。

兄弟仲はとても良いそうですので、いずれ共演することになるのでしょうか。とても楽しみですね。

新田真剣佑さんに子供が?母親は?

2016年にフライデーが新田真剣佑さんに隠し子がいることを報じたことが大きな話題となりました。

フライデーの記事によると、新田真剣佑さんがロスに住んでいた17歳の時点で、すでに2、3歳くらいの娘(Mちゃん)がいたといいます。

相手の女性(Yさん)はロス在住の日本人夫婦の妻で当時37歳、新田真剣佑さんが14歳のときに関係が始まったのだそうです。

そのため父親の千葉真一さんが「未成年と無理やり関係を持った」として女性を提訴。

もし有罪なら、アメリカでは最大で懲役8年に及ぶ、かなりの重罪になるのだそうです。

しかし、新田真剣佑さんが法廷で無理やりであることを否定する証言をし、訴えは斥けられたようです。

フライデーによると、真剣佑さんがロスにいた頃は、当時通っていた空手道場に娘を連れていき、「自分の娘です」と周囲に紹介しており、半ば公認の存在だったのだそうです。

ただし、当時新田真剣佑さんは未成年のため、娘を認知しなかったといいます。

その後女性は離婚し、元旦那との子供4人とその娘の合わせて5人をシングルマザーとして育てているとのことです。

以上がフライデー報道の要約になりますが、これに対し所属事務所は

「事実関係に重大なまちがいがあるものの、事案の内容に鑑みコメントは差し控える」

とコメントしています。

記事の内容を「完全否定」せず「事実内容に重大なまちがいがある」とだけ指摘しているのが何とも歯切れが悪く思われます。

以上、新田真剣佑さんについてでした。最後までお読み頂きありがとうございました。

異母姉の真瀬樹里さんについて