柄本時生さんといえば、母親、父親、兄弟が全員役者という華麗な芸能一家で知られていますが、近年は様々な作品でよくお見かけしますよね。

その柄本時生さんの結婚相手の嫁はどんな人?また兄弟やその妻は?

柄本時生さんの年齢、身長、学歴などwikiプロフィールと共に調べてみました。

柄本時生さんのプロフィール

名前:柄本時生(えもと ときお)
本名:同じ
出身地:東京都
生年月日:1989年10月17日
年齢:29歳(執筆時)
身長:176cm
血液型:O型
学歴:和光高等学校卒業
職業:俳優
所属事務所:ノックアウト

柄本時生さんの経歴

柄本時生さんは1989年東京都生まれ。

父親は俳優の柄本明さん、母親は女優の角替和枝さんです。

3人きょうだいの末っ子で、3歳年上の兄が俳優の柄本佑さん、6歳年上の姉が映画関係の仕事をなさっているとのことで、まさに芸能一家ですね。

兄の柄本佑さんについて

父親の柄本明さんも、母親の角替和枝さんも、根っからの役者で、家庭では芝居や演劇、そして映画の話ばかりしていたのだそうです。

そんな環境もあり、兄の柄本佑さんの方は幼少の頃より映画監督になることを夢見、高校時代には俳優デビューを果たすなど、まさにサラブレッド的なコースをたどったみたいですね。

しかし、一方の柄本時生さんは、野球少年だったそうで、特に役者の道を意識してはいなかったといいます。子供の頃の夢は「プロ野球選手か宮大工」だったのだとか。

そんな柄本時生さんの転機は、中学2年生のとき、兄の柄本佑さんに来た映画のオーディションの話を代わりに引き受けたことから。

その映画では小学生の役でしたが、兄の柄本佑さんはすでに高校生で身長も180cmくらいあり、無理があるということで柄本時生さんに話が回ってきたのだそうです。

当時は芝居には関心がなかったものの、俳優の息子として「他人様に迷惑はかけられない」という意識から引き受けたのだとか。

蓋を開けてみれば、監督から「何もできないのがいい」と評価され、合格。

それが2005年公開のオムニバス映画『すべり台』でした。

(『すべり台』より。隣は石原さとみさん)

これをきっかけに俳優デビューを果たした柄本時生さんは、翌06年の大河ドラマ『功名が辻』で父親の柄本明さんと共演を果たします。

さらに08年の舞台『ジョンとジョー』で兄・柄本佑さんと共演を果たし、同年公開の映画『俺たちに明日はないッス』で映画初主演。

2011年のNHK連続テレビ小説『おひさま』で母親の角替和枝さんと親子役で共演、

2016年には『初恋芸人』で連続テレビドラマ初主演するなど、次々と家族共演を実現しながら、俳優としてのキャリアを着実に積み上げていきます。

近年もドラマ『絶対零度』(18年)、『さくらの親子丼2』(18-19年)、大河ドラマ『いだてん』(19年)、映画『たびの終わり、世界のはじまり』(19年)、『宮本から君へ』(19年)など数多くの作品に出演、最も注目される若手俳優の一人として活躍を続けています。

次ページ:柄本時生さんの結婚、嫁、彼女は?家族についても!父親、母親、兄弟はみんなすごい人!