真矢ミキさんの旦那・西島数博さん

真矢ミキさんは2008年にバレエダンサーの西島数博さんと結婚しています。

西島数博さんのプロフィール

名前:西島数博(にしじま かずひろ)
本名:西島千博(にしじま かずひろ)
出身地:宮崎県日向市
生年月日:1971年10月21日
年齢:47歳(執筆時)
職業:バレエダンサー、俳優、振付家

西島数博さんは1971年宮崎県日向市生まれ。

祖母の伊達小夜子さんは、戦後間もない1947年にバレエスクール「伊達バレエ・スクール」を日向市に開講させた、日本バレエ界の草分け的存在でした。

西島数博さんは3歳の頃から同スクールでバレエを始め、1984年には全国舞踊コンクールに入選するなど、早くに頭角を現します。

1990年に渡仏し、91年に「フランス・カルポー賞国際バレエ・コンクール」男性シニア部門で第1位受賞。

94年に帰国し、スターダンサーズ・バレエ団に入団。2006年までプリンシパルとして活躍。

2000年以降、ドラマや映画にも出演するようになり、奥田瑛二さん監督の『るにん』(06年)などで俳優としても注目されるようになります。

2008年に真矢ミキさんと結婚。

2014年10月21日の誕生日に、芸名を本名の西島千博から西島数博に改名。

2016年に自身が演出・振り付けを担当した『ドラマティック古事記~神々の愛の物語~』で妻の真矢ミキさんと初共演を果たします。

真矢ミキさんと西島数博さんの馴れ初めは?

真矢ミキさんと西島数博さんは、2002年から6年の交際を経て、08年3月の西島数博さんからのプロポーズ後、08年12月22日の大安の日に入籍しています。

真矢ミキさんと西島数博さんの馴れ初めは、2002年の舞台『スターダストin上海」での共演から。

以後、何でも語り合える親しい友人として絆を深めていき、やがて交際、結婚へと発展していったようですね。

真矢ミキさんは自身のブログで、

「舞台の共演から彼とは6年間何でも語り合える友達で、その友情の延長線上にこの度、結婚という形が自然に生まれました。長所と短所もお互いよく知っている親友の私達が、これからもお互いの仕事を通して何か社会に貢献出来る一員となれますよう、助け合って歩み続けていきたいと思います」

とコメント。

なお、お二人の間にはお子さんはいらっしゃらないようですね。

結婚当時の真矢ミキさんは44歳、西島数博さんは37歳ですので、子供は難しいながらも不可能ではなかったと思われますが、やはりお互い超多忙同士なので、現実的に厳しかったのかもしれません。

真矢ミキさんと西島数博さんはおしどり夫婦!

結婚から10年以上経ちますが、現在でもとても仲がよい「おしどり夫婦」として知られています。

夫婦円満の秘訣については、

「いい意味で、私たちは二身一体になろうなんて思っていませんので」
「お互いの大切なところを守って応援して、意見を言いあって過ごしてきた」

真矢ミキ、夫・西島数博と結婚後初共演 夫婦そろって「楽しかった」

と発言しています。

お互いを独立した人格として尊重し合う姿勢を貫く、ということでしょうか。年齢を重ね、それぞれの生活や世界を確立した上での結婚なので、大人な距離感を保っているということなのでしょうね。

そんな超多忙な2人ですが、真矢ミキさんは1つ心がけていることがあるといいます。

真矢:どんなに忙しくても、土日は普通の妻として自然に存在していたいんです。平日は毎日朝が早いけど、土曜の朝はゆっくりなので(それでも7時起床だとか!)、ふたりが好きないつもの朝食を作ったり。

結婚8年目で舞台初共演の西島数博&真矢ミキ 円満の秘訣

多忙によるすれ違いで破局、というのは芸能界ではよく聞きますが、このような「すれ違わない」ための努力の積み重ねが夫婦円満には欠かせないのでしょうね。

以上、真矢ミキさんについてでした!