奥田瑛二さんの娘は2人!長女は安藤桃子さん

奥田瑛二さんと安藤和津さんの間には2人の娘さんがいます。

長女は映画監督の安藤桃子さんです。

安藤桃子さんは1982年3月19日生まれ。

高校時代からイギリスに留学し、ロンドン大学芸術学部を次席で卒業。かなり優秀な人のようですね。

その後、ニューヨーク大学に進学し、映画づくりを学び、監督助手として働き始めます。

2010年、安藤モモ子名義で『カケラ』で監督デビューを果たします。

2011年、小説『0.5ミリ』で作家デビューを果たします。

2014年3月に僧侶の男性と結婚。一女をもうけます。

また、同年、自身の小説『0.5ミリ』を映画化し、自ら監督・脚本を務め、さらに撮影地の高知に移住します。

同作品の主演は実妹の安藤サクラさんで、姉妹初共作となったことも話題になりました。

2018年5月に離婚。理由は明かされていませんが、慰謝料などのない円満離婚だったといいます。当時3歳だった長女の親権は安藤桃子さんが持ち、引き続き高知に在住することとなりました。

奥田瑛二さんの娘・次女は安藤サクラさん

奥田瑛二さんと安藤和津さんの次女は女優の安藤サクラさんです。

安藤サクラさんは1986年2月18日生まれ。

5歳のときに父親の奥田瑛二さんの舞台を見て女優になろうと決意。

「芸能一家」「2世俳優」呼ばわりが気になって、一旦はその夢を封印した時期があったといいますが、高校生のときに再び女優への道を志すようになります。

2007年公開の映画『風の外側』で映画初出演にして初主演を果たします。

同作品は父親の奥田瑛二さんの監督作品で、クランクイン直前に主演女優が降板したため、その代役としてキャスティングされたのだそうです。

なお、この作品には両親も出演し、また姉の安藤桃子さんも助監督として参加しています。

2009年の園子温監督作品『愛のむきだし』でカルト教団の勧誘員を演じ、その存在感が注目されます。

(『愛のむきだし』より)

以後、

『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』11年
『かぞくのくに』13年
『百円の恋』14年
『万引き家族』18年

などの数多くの映画をはじめ、ドラマに出演。

(『百円の恋』より)

特に2014年の『百円の恋』では日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞しています。

また同年のキネマ旬報が企画した「オールタイム・ベスト」では、女優ランキングの第8位に選出されるなど、その演技力・存在感は非常に高く評価されています。

私生活では、2012年に俳優の柄本佑さんと結婚。柄本佑さんも父親が俳優の柄本明さん、母親が女優の角替和枝さんという芸能一家で、「2世俳優同志のビッグカップル」として話題になりました。

2017年6月に第一子となる女児を出産。

2018年下半期のNHK連続テレビ小説『まんぷく』ではヒロインを演じ、朝ドラ史上初の「ママさんヒロイン」として話題になりました。

以上、奥田瑛二さんとその家族についてでした!