原田龍二さんと言えば、二枚目俳優にして近年はガキ使や5時に夢中などタレント、司会者と幅広く活躍しており、温泉や肉体美、父の店なども話題です。

原田龍二さんにはイケメンの兄弟もいて、松本明子さんが義妹に当たるんですね。

その原田龍二さんについて、嫁や弟、子供、本名や身長、経歴などwikiプロフィールとともに調べてみました。

原田龍二さんのプロフィール

名前:原田龍二(はらだ りゅうじ)
本名:平井雅章
出身地:東京都足立区
生年月日:1970年10月26日
年齢:48歳(執筆時)
身長:178cm
血液型:A型
学歴:聖学院高校卒業、聖学院大学政治経済学部中退
職業:俳優、タレント
所属事務所:株式会社ブロー

原田龍二さんは1970年生まれの東京都足立区出身。

今では想像もつきませんが、少年時代の原田龍二さんは、弟の俳優・本宮泰風さんとともに、札付きのワルとして地元で名を馳せていたといいます。

最近では2017年放送の『ダウンタウンなう』の「本音でハシゴ酒」で披露したエピソードが有名ですね。

ご自身を「クズ以下」だったと振り返る原田龍二さん。

武器を持ったチーマー相手に「丸腰」でケンカしていたそうで、ケンカの後に気づいたら、手に相手の歯が刺さっていたという、仰天のエピソードを語っていました。

相手が何であれ、自分は「素手でしかケンカしない」という美学?があったそうですが、それにしても凄まじいですね…

ただ、弱い者いじめは決してしなかったようで、むしろそのようなことをする人間を黙って見過ごすことができなかったタイプのようですね。

他にも別番組で、「ビリヤードしていたら、隣にいた知り合いが突然ナイフで刺された」なんていうエピソードも披露していました。

修羅の世界に生きていたというか、本当にケンカが日常だったようで、チーマーや暴走族のケンカに「お祭り」気分で参加していたのだそうです。

弟の本宮泰風さんも「お祭り」にはよく参加していたようで、兄弟そろって、特に本宮泰風さんは「芸能界最強」の呼び声も高いのだとか。

原田龍二さんの芸能界入り~現在

そんな原田龍二さんの芸能界入りのきっかけは、19歳のとき、渋谷でスカウトされたことから。

最初は全く芸能界に興味がなく、断ったものの、何度も口説かれて最終的に芸能界入りを決心したといいます。

そして1990年、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで準グランプリを獲得。

こちらが若い頃の原田龍二さんです。さすがイケメンですね。尾崎豊さんをほうふつとさせる姿ですね。

ちなみに原田龍二さんは尾崎豊さんの大ファンで、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでは「I LOVE YOU」を歌っています。

92年のドラマ「キライじゃないぜ」で俳優デビューを果たし、以後『相棒』はじめ数多くのドラマ、映画に出演。

96年の映画『日本一短い「母」への手紙』で第19回日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。

2003年から2010年にかけて『水戸黄門』の5代目助さん役を務めます。

また、1995年から2008年にかけて『世界ウルルン滞在記』、2011年から『遠くへ行きたい』など、旅番組にも数多く出演。風呂にタオルなしで撮影に臨むなどのこだわりで知られ、またその肉体美からも「温泉俳優」の異名を取っています。

2017年4月からは『5時に夢中!』金曜MCに就任。

現在に至るまで、二枚目俳優として、バラエティタレント、司会者として、第一線で幅広く活躍を続けています。

次ページ:原田龍二さんの弟、結婚、嫁、子供、松本明子さん、畑野ひろ子さんとの関係は?