大竹まことさんの事故って?

大竹まことさんは、過去に重大な事故を起こしたことがあります。

それは1996年8月8日の深夜のことでした。

大竹まことさんの運転する自動車が、東京都杉並区高井戸の交差点に侵入した際、2人乗りのオートバイが出会い頭で車体横に激突。

オートバイに乗っていた男女は路面に投げ出され、男性は頭を強く打ったことが原因で亡くなり、女性も全身打撲の大怪我を負いました。

ただ、当時、大竹まことさんは飲酒や居眠りなどは一切しておらず、青信号で交差点を通過していたという目撃情報もあり、大竹さん側の過失はなかったようです。

また、大竹まことさんは事故後の対応、遺族への謝罪などを真摯に行い、その誠実な対応は所轄署からも、

「大竹さんは事故後の対応もしっかりしていたし、 事故の当事者としてするべきことはすべてやっていた」

という見解が出されるほどだったといいます。

とは言え、この事故に大きなショックを受けた大竹まことさんは、事故後2日間飲まず食わずで引きこもり状態になり、芸能活動も自粛します。

ところが、被害者の遺族側から、大竹まことさんの芸能活動復帰を望む連絡が事務所に入り、2週間後に復帰。

なお、この事故に関して、亡くなった男性の母親は、

「大竹さんには良くしていただいて恨みなど何も思っていません」

と語っていたと言われています。本当に誠心誠意を尽くして遺族に接したのでしょうね。

事故から20年以上経ちますが、大竹まことさんの中では決して風化することはなく、むやみに言葉にすることはないものの、ずっと胸の中に残り、背負い続けていることでしょうね。

次ページ:大竹まことさんと山瀬まみさんとのガチトラブルとは?