凰稀かなめさんの父親は?

凰稀かなめさんの父親は、大手ゼネコンの「大成建設」の重役であると言われています。

以前週刊誌で大成建設の工事長(当時)を取材した記事があり、

  • その名字が凰稀かなめさんの本名と同じ「池口」であること
  • 三人姉妹の末娘が前年に宝塚音楽学校に入学したこと

が紹介されていたことから、信ぴょう性は高いと考えられます。

凰稀かなめさんの実家は東宝地主で金持ち?

さらに、凰稀かなめさんの実家について、「東宝地主」だとか「金持ち」だとかいう噂があるようです。

この噂が出てきた経緯は、まとめるとどうやら以下のようなことのようです。

  1. 凰稀かなめさんは宝塚のトップスターにのぼりつめた。
  2. 宝塚の東京での本拠地は「東宝」こと「東京宝塚劇場」である。
  3. 東宝株式会社は現在、帝国劇場を直営しており、東京宝塚劇場の大家でもある。
  4. 帝国劇場は大倉財閥の創始者・大倉喜八郎が設立に関わっている。
  5. 大倉財閥の関連企業として、大成建設(旧・大倉土木)がある。
  6. その大成建設には、父親が重役として勤務している。

このようにして凰稀かなめさんと父親がつながります。

さらに、

「かなめの部屋」で書かれていた品川にある祖父母宅が母親の実家である

という噂が組み合わさります。

品川と言えば、東京都内でもいわゆる「お金持ちエリア」として知られる地域です。

以上のことから、

  • 「凰稀かなめさんの実家は大倉財閥の一族で金持ち」
  • 「実家は東宝の地主」

といった噂が出てきた、というのが真相のようです。

実際には、大倉財閥は、現在東宝が直営している帝国劇場の設立に関わっただけで、東宝の地主になったことはないようです。

また、大成建設は大手ゼネコンの中でも珍しい、非同族経営の会社として知られています。

ですので、凰稀かなめさんの実家は大倉財閥一族と関係があるわけでも、東宝の地主であるわけでもなく、父親が大手ゼネコンの重役を務めている一般家庭、ということになりそうです。

次ページ:凰稀かなめさんの性格は誤解されやすい?