浅田美代子さんの今現在

1983年に吉田拓郎さんと離婚した浅田美代子さんは、芸能活動を再開。

以後、ドラマ『釣りバカ日誌』の浜崎みち子役をはじめ、数多くの人気ドラマや映画に出演。

女優としての活動以外にも、明石家さんまさんからその天然なキャラクターを見出され、『さんまのからくりテレビ』『さんま・玉緒・美代子のいきあたりばったり珍道中』、また『メレンゲの気持ち』などのバラエティ番組などでタレントとして、幅広く活躍しています。

ちなみに、浅田美代子さんの天然エピソードは数多く知られていますが、最も代表的なものの1つに、明石家さんまさんに向かって

「金曜日って何曜日だったっけ」

と尋ねたというものがあります。これに対してさんまさんが、

「火曜日ちゃいまっか?」

と返したところ、「そうだった、そうだった!」と納得したのだとか(^_^;)

浅田美代子さんの実家

浅田美代子さんの実家は東京都港区麻布にある自動車修理工場で、横浜市綱島にも工場があるのだそうです。

また、浅田美代子さんは東京女学館に通っていました。

東京女学館は、森英恵さんがデザインした制服が有名で、制服関係だけでも最低60万円、また小学校から高校の12年間で学費が2000万円以上もかかるなど、超お嬢様学校として知られています。

麻布のような一等地で、東京女学館出身ですから、浅田美代子さんの実家がお金持ちであることは間違いないでしょうね。

なお、東京女学館OGとして、浅田美代子さんのほか、東伏見宮妃周子さま、夏目雅子さん、寺田理恵子元フジアナウンサー、元宝塚トップスターの久世星佳さんなどがいます。

なお、東京女学館は在学中の一切の芸能活動を禁止しているため、浅田美代子さんはデビューが決まった時点で高校を中退しています。

浅田美代子さんの動物愛護活動、署名運動については次のページで!