料理研究家の枝元なほみさん。

NHKスタジオパークからこんにちは、あさイチ、きょうの料理などのレシピ(そぼろ丼&デカ肉玉、梅しょうゆ&梅そうめん、春巻き、きゅうり)や、西原理恵子さんとのおかん飯(ふきサラダ)が話題です。

そんな枝元なほみさんの夫や結婚しているのか独身なのかに興味があったので調べてみました。

Sponsored Link

枝元なほみさんのプロフィール

名前:枝元なほみ(えだもと・なほみ)
出身地:神奈川県横浜市
生年月日:1955年
学歴:明治大学文学部英米文学科卒業

枝元なほみさんは、神奈川県横浜市生まれ。

明治大学卒業後、女優を目指して1981年に太田省吾さんが主宰する劇団・転形劇場の研究生になり、役者兼料理担当として活動。

その傍ら無国籍レストラン「カルマ」でシェフのアルバイトをして過ごします。

劇団解散後は、その時に培った料理の技術を活かして、1988年、フリーの料理家としてデビュー。

料理研究家としてのみならず、日本の農業・漁業を応援するというコンセプトで、「チームむかご」を主宰するなど、「食」の生産現場を支える活動にも積極的に取り組んでいます。

Sponsored Link

枝元なほみの夫や家族は?独身なのか?

さて、枝元なほみさんの夫や家族についてですが、1999年に出版された著書「なにたべた?」では、自分が一人暮らしであることを明かしており、この時点では独身だったことが分かります。

ちなみに、枝元なほみさんには弟さんがいらっしゃるそうです。

また、祖父はあの氷川丸の船員だったそうですよ。

「なにたべた?」の単行本は絶版ですが、文庫化されているみたいですね。
なにたべた?―伊藤比呂美+枝元なほみ往復書簡 (中公文庫)
なにたべた?―伊藤比呂美+枝元なほみ往復書簡 (中公文庫)

枝元なほみさんは当時44歳。

それから十数年経ちますが、その間に結婚または離婚したという話は聞かないので、今も独身を貫いている可能性が高いと思われます。

枝元なほみさんは、劇団員だった20代~30代前半にかけて、12年ほど一緒に暮らしていたバンドマンの彼氏がいたそうです。

しかし、劇団が解散、レストランのアルバイトも辞めて、その彼氏を置いて家を出て、新たに飛び込んだのが料理の世界だったようです。

劇団員の頃の枝元なほみさんです。

劇団での料理担当としての経験、そしてレストラン「カルマ」での経験を活かした転向ですね。

このような経歴からもうかがえるように、若い頃は恋愛経験が豊富だったと見え、雑誌で恋愛相談に乗ったりなど、料理以外の方でも活躍していたりします。

また、料理では、一般家庭のお母さんが夫や子供のために作るレシピを多く発信しています。

これも、若いころに劇団やレストランで、様々な人たちの要望を聞きながら料理を作ってきて、食べる人の気持ちがよく分かっているからこそできることなのでしょうね。

これからも、家庭の食卓に彩りを添える、ユニークなレシピをたくさん発信していって欲しいですよね。

以上、枝元なほみさんについてでした。